AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCAD LTとは?作図の基本的な考え方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、AutoCAD LTの考えかたや成り立ちを学びます。これにより、AutoCAD LTの様々な機能の背景を知ることができます。
講師:
03:31

字幕

このレッスンでは AutoCAD LT の 考え方や成り立ちを学びます これにより AutoCAD LT の 様々な機能の背景を知ることができます AutoCAD で作図を行う際 いくつかの原則があります これは AutoCAD の 特徴とも言えるでしょう ドラフターを使用して紙に作図を行う場合 あらかじめ 用紙サイズに合わせて 縮尺を設定します しかし AutoCAD では 作図は常に実寸で行います AutoCAD には 2つの作図空間があります 実際のサイズでオブジェクトを作成するのが モデル空間です レイアウトでは 用紙に納まるように オブジェクトに縮尺を与えて表示します レイアウトのことを ペーパー空間と呼ぶ場合もあります 作成するオブジェクトの色や線種といった 特性のことをプロパティと呼びます 例えば中心線は一点鎖線 仮想線は二点鎖線で描きますよね? この様なオブジェクトのプロパティは 画層 一般的にはレイヤーと 呼ばれる機能で管理します 画層(レイヤー)は透明なシートが 何枚か積み重なったモノを イメージすると良いでしょう それぞれの画層に あらかじめ色や線種などの プロパティを割り当てておけます 図面には文字や寸法などの注釈も必要です これら注釈オブジェクトの描かれ方― 例えば 寸法図形の矢印形状や 文字のフォントなどは スタイルと言う設定でまとめて管理します AutoCAD はドラフターをコンピュータに 置き換えたものではありません 合理的に図面を作成するために 一度書いた線は二度と書かないために 様々な機能があります CAD が登場する以前に システムズドラフティングという考え方が アメリカにありました これは 図面を合理的に作成するための手法です AutoCAD はコンピューターで システムズドラフティングを 実現するために開発されました オーバーレイ式製図とは トレーシングペーパーに図形要素を描き分けて 必要に応じて 重ね合わせて図面を作成する手法です 先ほどお話しした 画層(レイヤー)という機能は この手法を実現したものです 切り張り式製図とは 必要な図形の 拡大 / 縮小コピーをボードに貼り付けて 図面を作成する手法です モデル空間に実寸で描いたオブジェクトを レイアウトに貼り付けるという AutoCAD の作図方法によく似ています この様に AutoCAD は図面を無駄なく 手早く作成するための CAD アプリケーションです 図面を清書するための道具ではないことが お分かりいただけたでしょうか? このレッスンでは AutoCAD LT がどのような考え方で 成り立っているアプリケーションなのか について解説しました

AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCADは2次元CADのデファクトスタンダードとして、世界でもっとも使われているCADです。このコースはCADの初心者でも体系的な理解が得られるように構成されています。AutoCADの作図に対する考え方から、さまざまな補助機能と作図機能、寸法や文字の設定から記入、レイアウトの作成、印刷まで図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間27分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。