AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCAD LTのユーザ インタフェース(2)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ステータスバーやコマンドラインの使い方を習得して作図作業に欠かせない補助機能のコントロール方法などを習得します。
講師:
03:14

字幕

このレッスンでは ステータスバーや コマンドラインの使い方を習得して 作図作業に欠かせない補助機能の コントロール方法などを習得します それでは 実際に AutoCAD LT の各部分の名称や その役割について説明しましょう AutoCAD 画面内で一番 面積を多く取っている部分が作図領域です 作図領域の左下には座標系があります X 軸と Y 軸の正方向を示す UCS アイコンも表示されています マウスを動かすと カーソルが移動します AutoCAD のカーソルは 主に2つの種類があります 十字の形をしたクロスヘアと 小さな四角い枠のピックボックスです 現在はクロスヘアとピックボックスが 両方表示されている状態になります 作図領域の下側に 文字列が 表示されている領域があります これがコマンドラインです コマンドラインには AutoCAD からの メッセージが表示されます 例えば 現在は「ここにコマンドを入力」と 表示されています 実行する作図機能のことを コマンドと言いますが 今 AutoCAD はコマンドが実行されるのを 待っている状態です この様に AutoCAD の 現在の状態を確認するために コマンドラインを確認しながら 操作を行うことがとても重要です コマンドラインの内容を さかのぼって確認したい時は ファンクションキーの F2 キーを押します すると コマンドラインが拡張表示されて 過去の履歴を確認することができます もう一度 F2 キーを押すと コマンドラインは元の状態に戻ります 更に 画面の下を見てみると 左側にはエクセルのタブの様に 「モデル」「レイアウト」などの タブが並んでいます これらのタブをクリックすることで モデル空間とレイアウトを切り替えられます 右側にはステータスバーがあります 作図作業を補助するために オブジェクトスナップや 極トラッキングという機能があります ステータスバーからはそれらの補助機能の オン / オフを制御できます オンの場合 青く光ったような表示になります また これらのアイコンを 右クリックすることで ショートカットメニューから 設定を行うことができます このレッスンでは AutoCAD LT の画面下部にある インターフェイスについて 説明しました

AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCADは2次元CADのデファクトスタンダードとして、世界でもっとも使われているCADです。このコースはCADの初心者でも体系的な理解が得られるように構成されています。AutoCADの作図に対する考え方から、さまざまな補助機能と作図機能、寸法や文字の設定から記入、レイアウトの作成、印刷まで図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間27分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。