AutoCAD LT 2016 基本講座

画面操作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CAD図面を扱う上で画面の拡大・縮小など画面操作は必須です。このレッスンではズーム、画面移動といった画面操作を学びます。
講師:
03:03

字幕

このレッスンでは ズーム 画面移動といった画面操作を学びます それでは 実際に Auto CAD LT の 画面を操作してみましょう Auto CAD では 作図を実寸で行いますが モデル空間は無限平面です どんなに大きなものでも 実際のサイズで作成することができます ただし PC の画面は有限ですので 画面の拡大 / 縮小などの 画面操作は作図作業では必須です ここでは ZoomPan という 図面ファイルを開いて 画面操作を説明します 最も簡単な画面操作の仕方は マウスのホイールボタンを使用する方法です マウスホイールを手前に転がすと 縮小表示されていきます 逆方向に回すと 拡大表示されます この時 カーソルのある位置が 拡大 / 縮小の中心になります また ホイールボタンをドラッグすると 画面移動が行えます これはオブジェクトを 移動させているわけではなく 表示されている画面範囲が 移動しています そして ホイールボタンを ダブルクリックすると― 図面内に描かれているオブジェクト全体が 画面に納まりきるようにズームされます 作図領域の右側には ナビゲーションバーというツールが 表示されています ここに配置されたツールを使っても 画面移動やズームを行うことができます 特にズームは いろいろな種類のズームが フライアウトに配置されています よく使われるものに 窓ズームがあります これは 対角2点で示した範囲を 画面いっぱいに拡大表示するものです 作図作業において 画面の拡大 / 縮小 そして 移動は頻繁に行われます マウスを使って簡単に これらの画面操作が行えます 図面内のオブジェクトを 適切なサイズで表示しましょう このレッスンでは マウスを使った画面操作について説明しました

AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCADは2次元CADのデファクトスタンダードとして、世界でもっとも使われているCADです。このコースはCADの初心者でも体系的な理解が得られるように構成されています。AutoCADの作図に対する考え方から、さまざまな補助機能と作図機能、寸法や文字の設定から記入、レイアウトの作成、印刷まで図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間27分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。