AutoCAD LT 2016 基本講座

基本的なオブジェクトの作成(線コマンド、円コマンド)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、もっとも基本的な図形である線分と円を作成する機能について学びます。
講師:
03:50

字幕

このレッスンでは もっとも基本的な図形である線分と円を 作成する機能について学びます それでは実際に線分と円を描いてみましょう オブジェクトを作成するために 新規図面を作成します クリックアクセスツールバーの「新規作成」を クリックします AutoCAD では dwt テンプレートファイルに基づいて 新しい図面を作成します ここではメートル法の テンプレートである acadltiso.dwt を使用して 新しい図面を作成します では 線分を作成してみましょう リボンの作成パネルから 線分ボタンをクリックします クロスヘアカーソルの脇には ダイナミックプロンプトと呼ばれる メッセージが表示されます この内容はコマンドラインに表示されるものと 同じです 「1点目を指定」と表示されています では 画面上任意の位置をクリックして 線分の1点目を指示します ダイナミックプロンプトには 「次の点を指定」と表示されます では 続けて何カ所かクリックして 線分を続けて書いてみましょう 線分を書き終えるには右クリックをして ショートカットメニューから Enter を選択します この時ショートカットメニューではなく キーボードの Enter キーを押しても 線分コマンドを終了させることができます コマンドラインを見てみると 「ここにコマンドを入力」と表示されています AutoCAD がコマンド待ちの 状態になりました 今度は円を作成してみましょう リボンの作成パネルから 円ボタンのフライアウトをクリックします 円はその作図方法の違いによって フライアウト内にいくつかのボタンが 配置されています ここでは中心半径を選択します ダイナミックプロンプトには 「円の中心点を指定」と表示されます では 画面上任意の位置をクリックして 円の中心を指示します 次に「円の半径を指定」と表示されます カーソルを動かすと 円のプレビューが表示されます ここでは任意の大きさになったところで クリックして半径を指示します 円が作成されてコマンドが終了しました コマンドラインを見てみると 「ここにコマンドを入力」と表示されています Auto CAD がコマンド待ちの 状態になりました このレッスンでは作図作業において 最も良く使われる線分と円を描く機能を 説明しました 多くの図形は線分と円の組み合わせによって できています 言い換えれば 皆さんはこれで 定規とコンパスが使えるようになったのです

AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCADは2次元CADのデファクトスタンダードとして、世界でもっとも使われているCADです。このコースはCADの初心者でも体系的な理解が得られるように構成されています。AutoCADの作図に対する考え方から、さまざまな補助機能と作図機能、寸法や文字の設定から記入、レイアウトの作成、印刷まで図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間27分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。