AutoCAD LT 2016 基本講座

コマンドラインへの入力方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
AutoCAD LTはコマンドラインを使って対話式に操作を行ないます。このレッスンでは、コマンドラインへの入力方法を解説します。
講師:
06:52

字幕

AutoCAD LTはコマンドラインを使って 対話式に操作を行ないます このレッスンでは コマンドラインへの入力方法を解説します それでは実際にコマンドラインの使い方を 見てみましょう クリックアクセスツールバーの 新規作成をクリックします テンプレートファイルA CAD LT iso.dwtを 使用して 新しい図面を作成します コマンドを実行するとコマンドラインには AutoCADからのメッセージが表示されます コマンドラインの内容を 詳細に確認してみるために 線分を作成してみましょう リボンのホームタブの線分ボタンを クリックします AutoCAD ではコマンドには 1つ1つ名前があります コマンドラインを見てみると ラインと表示されていますが これが線分を作成するコマンドの名前です 線分を作成するコマンドは ラインコマンドという名前です 一点目を指定と表示されていますので 線分の書き始めの点をクリックして 指定します コマンドラインに今度は 次の点を指定に続いてまたは 元に戻す(U)と表示されています これはコマンドのオプションと呼ばれるものです コマンド実行時に いろいろな動作をさせることができます 例えばこの元に戻すオプションは 線分の指示した点を取り消す動作です オプションを実行するには いろいろな方法がありますが ここでは右クリックして ショットカットメニューから 選択してみましょう 1点目の指定が取り消されたため 再びコマンドラインのメッセージは 1点目を指定に戻りました いくつか点を指定して線分を続けて 書いてみます コマンドラインを見てみましょう 元に戻す(U)に加えて閉じる(C)という オプションが表示されています 閉じるオプションは指定した1点目に向かって 線分を作成して コマンドを終了するためのオプションです では先ほどとはまた別の方法で オプションを選択してみましょう オプション名の最後にカッコでくくられて アルファベットが表示されています 元の戻すはU 閉じるはCです このアルファベットをキーボードから 入力してエンターすることでも オプションを実行できます ではキーボードからCと入力して enterキーを押します 1点目に向かって線分が作成され 図形が閉じます そしてラインコマンドが終了します 今度は円を作成するコマンド サークルコマンドで コマンドラインを見てみましょう リボンのホームタブ作成パネルから 円ボタンのフライアウト 中心半径をクリックします コマンドラインにサークルと コマンド名が表示されていますね 先ほどのフライアウトの中にあった 円のボタンのバリエーション これらはすべてオプションです 円の中心点を指定に続けて または3点(3P) 2点(2P) 接、接、半(T)と表示されています 円の作図方法によって オプションが用意されています 3点オプションは通過する3点を指定して 円を作成します 2点オプションは直径の両端を指定して 円を作成します 接、接、半(T)オプションは 接する2つの図形を指示した後 半径を入力することで 円を作成します ここではそのまま中心点をクリックします コマンドラインには円の半径を指定 または直径(D)と表示されます ここで数値を入力すると半径の値を 入力することになります 直径を入力したい場合は 直径オプションを選択します さらにもう1つの方法でオプションを 選択してみましょう コマンドラインに表示されている オプション名を クリックすることでも オプションを選択できます 直径(D)と表示されている部分をクリックして 直径オプションを選択します ここでは200と入力します 直径200の円が作成されて サークルコマンドが終了します 同じコマンドを繰り返し 実行したい場合があります そのような時は右クリックして ショットカットメニューから 繰り返しを選択します 直前に操作したコマンドを再び実行できます ここでは直前にサークルコマンドを 実行しましたので 繰り返しサークルと表示されていました 繰り返しを選択するとコマンドラインに サークルと表示されて 円の作成が実行されます コマンドを途中で取りやめたい場合は キーボードのエスケープキーを押します これにより実行中の操作がキャンセルされます 何か操作を誤ってしまった時などは 慌てずにエスケープキーを押して 操作をキャンセルして コマンドラインに ここにコマンドを入力と 表示されている状態にしてください ここまで見てきたようにAutoCAD LTの操作を マスターする第一歩は コマンドラインに表示される内容を しっかり確認することです AutoCAD LTと会話をすることで 適切な指示が行えるようになります このレッスンでは コマンドラインの使い方を説明しました

AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCADは2次元CADのデファクトスタンダードとして、世界でもっとも使われているCADです。このコースはCADの初心者でも体系的な理解が得られるように構成されています。AutoCADの作図に対する考え方から、さまざまな補助機能と作図機能、寸法や文字の設定から記入、レイアウトの作成、印刷まで図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間27分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。