After Effectsで「火」を作る

グローの適用2

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
同じ「グロー」も、「調整レイヤー」を使ってかけると、炎とキャンドルの両方に影響を与えることが可能です。
講師:
05:52

字幕

それでは ここまでできた炎に対して「グロー」を適用してみます「グロー」をかけるんですがここで以前の炎は 炎だけだったので直に炎のレイヤーにかけてみましたが今の状態はろうそくもありますこの状態に炎だけに「グロー」をかけるとちょっとやってみますとまあ 炎にはこうかかるんですがろうそくが置いていかれちゃいます炎だけが光って ろうそくが光らない状態になってしまうのでちょっとバランスが悪くなるので今度は別のかけ方を使って「グロー」を適用していきますちなみにですね エフェクトを削除する時ですね 今かけたグローはいらないという時にはエフェクトの名前のところをクリックしてDelete キーを押すとこのようにエフェクトが消えますでは 改めて炎とろうそくの両方にグローがかかるように作業してみましょうでは ここの何もない部分ですね右クリックして「新規」で この中で新しいのが出てきます「調整レイヤー」 これを実行してみてください そうすると「調整レイヤー1」というのがここにできましたこれどんなものなのか やった方がわかりやすいのでちょっと見てくださいでは 「調整レイヤー1」を右クリックして「エフェクト」「スタイライズ」 「グロー」これをかけてみますすると見てくださいさっきは炎だけがこっちのレイヤーにかけた時は炎だけが光っていたのに 今度はろうそくも一緒に光ってますね 目玉のマークを押すと ON/OFF できるので見てみるとちゃんと 炎とろうそくの両方が光ってますこの調整レイヤーなんですが調整レイヤーにエフェクトをかけてあげるとその下のレイヤー ここでは炎とろうそく両方にいっぺんにエフェクトをかけることができるのがこの調整レイヤーですこれ大変便利なので色々使いどころが多いかと思いますでは グローをですね微調整していきましょうまず 今回なんですけど光り方の雰囲気をちょっと変えてみますまず この「グロー基準」というところ「カラーチャンネル」って今なってますがこれを「アルファチャンネル」というところに切り替えます するとこんな効果になるんですカラーチャンネルというのはもう この中にあるオブジェクトの色の差を基準にしてるんですがアルファチャンネルというのは透明の部分今このろうそくと炎があって黒い部分は透明なんですけど そこを基準にかけるのでこのように周囲が光ったような状態になっていますさあ 細かいところを調整しましょうそして 「グローしきい値」を調整するとこのように変化するのででは 65 にしましょうそして 次に「グロー半径」ですがこれはどんどんあげていってあげていくとこんな感じですねでは これを 40 にしましょうそして「グロー強度」ですが強すぎる感じなのでちょっと落としますでは 0.6 にしましょうはい こんな雰囲気になりましたこれがグローをかける前はちょっと火とろうそくがバラバラな感じしますねそれがグローがかかると一気にまあ炎も光ってろうそくも光って全体統一された形になりましたこうしたまあ炎のような光を出すオブジェクトを作るときにはやはりグローを使うことで全体の質感がだいぶ整ってきますもう 欠かせないかなと思いますそれでは この状態を「RAMプレビュー」してみましょう先頭に持って行って「RAMプレビュー」ですもうすぐ終わりますねそうするとこんな感じになりましたまた最初に作った炎とも違って ろうそくと燃えてるような雰囲気になりましたねこのようにですねいろいろ値を調整していくとパーティクルから様々な炎を作ることができますではいったん止めますまた3秒ちょうどのところに位置を持っていきますちなみに ここまで見た目が完成された段階で また「CC Particle SystemsⅡ」の方に戻って例えば 「Longevity (sec)」なんかをいじってみるとだいぶ雰囲気も変わってきますこうやって以前に設定したところも1回設定して終わりではなくある程度 全体が出来ていったところでまた再度調整というのもありますのでどんどん 行ったり来たりしながら作業してもらうのがいいかなと思います

After Effectsで「火」を作る

このコースではキャンドルの炎、燃え上がるロゴマーク、現実離れした幻想的な炎などをAfter Effectsの標準機能だけで作っていきます。After Effectsが初めての方でも大丈夫です。一般的な映像作品はもちろん、ゲームなどの素材作成にも大変有益なスキルを身に付けることができます。

2時間57分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。