AutoCAD LT 2016 基本講座

鏡像

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトの対称複写/移動について学習します。オブジェクトを容易に反転できるようになります。
講師:
04:31

字幕

このレッスンでは オブジェクトの対称複写— 対称移動について学習します オブジェクトを容易に反転できるようになります またコマンドの動作を設定する— システム変数についても説明します それでは mirror.dwg という 図面ファイルを開いて— 実際に操作してみましょう ミラー鏡像コマンドは— オブジェクトの対称複写— または対称移動を行います ソファーを対称移動してみましょう ホームタブ修正パネルの— 鏡像ボタンをクリックします ソファーを選択した後— 「対称軸の1点目を指定」の プロンプトが表示されます 対称軸は二点指示により指定されます 対称軸とする位置に参照図形などある場合は— オブジェクトスナップを 利用すると良いでしょう ここでは任意の位置から 垂直な対称軸を設定して— 極トラッキングを使って指示します 対称軸を指定した後— 「元のオブジェクトを消去しますか?」— と プロンプトが表示されます ここで 「はい」 と答えれば 対称移動— 「いいえ」と答えれば対称複写となります ここは対称移動を行います 文字オブジェクトにミラー 鏡像コマンドを実行する場合— 既定の動作はその配置が対称化されるだけで— 文字そのものは反転しません 文字そのものを反転させるには— システム変数を設定します システム変数とは— コマンドの動作を設定する スイッチのようなものです コマンドには色々なオプションがありますが— システム変数の制御を行う オプションもあります ただし すべてのシステム変数が— コマンド内のオプションで コントロールされるわけではありません ミラーコマンドにおいて— 文字の反転を制御するシステム変数の名前は— 「 MIRRTEXT 」— ミラーテキストですが— これをキーボード入力することで— 設定を行います 規定値は0が設定されています 値が1の時 文字は反転されます 値を1に設定すると— 警告のバルーンメッセージが ステータスバーに表示されますが— ここはそのままにしておきます では図面全体を対称複写してみましょう ミラーコマンドを実行します 「オブジェクトを選択」の プロンプトに対して— 「 ALL 」と入力して— 全てのオブジェクトを選択します 対称軸は図面の右上 少し離れた位置をクリックして— 垂直方向に 二点目をクリックします 対称複写を行うので— 元のオブジェクトは消去しません システム変数の値を変更したので— 文字も反転しています 再び「 MIRRTEXT 」— ミラーテキストと入力して— 値を0に戻します これで警告のバルーンも消えますが— 反転した文字が元に戻るわけではありません このレッスンでは— オブジェクトの対称移動— 対称複写について— 加えてコマンドの動作を司る— システム変数について説明しました

AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCADは2次元CADのデファクトスタンダードとして、世界でもっとも使われているCADです。このコースはCADの初心者でも体系的な理解が得られるように構成されています。AutoCADの作図に対する考え方から、さまざまな補助機能と作図機能、寸法や文字の設定から記入、レイアウトの作成、印刷まで図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間27分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。