AutoCAD LT 2016 基本講座

結合、分割

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトの結合、分割について学習します。オブジェクトを2つに分けたり、1つに結合したりすることができます。
講師:
06:05

字幕

このレッスンでは オブジェクトの結合・分割について学習します オブジェクトを2つに分けたり 1つに結合したりできます それでは JoinBreak.dwg という 図面ファイルを開いて― 実際に操作しましょう BREAK (部分削除)コマンドは オブジェクトの指定した2点間を削除します トリムコマンドとは異なり― オブジェクトスナップにより 直接 点を指定して部分削除を行います 2つの点が同じ点である場合 オブジェクトは分割されます では 下側の図を断面図にするために BREAK コマンドを使用してみましょう 「ホーム」 > 「修正」のフライアウト > ― 「部分削除」をクリックします 「オブジェクトを選択」のプロンプトが 表示されますが― この時 範囲選択は行えず 単一のオブジェクトをピックします BREAK コマンドでは ピックした位置が1点目として認識されます カーソルを動かすと 部分削除の プレビューが表示されるので分かります 1点目を正確に指示したい場合― 「1点目」オプションを使用して 1点目を指定します オブジェクトスナップの交点か端点で 1点目を指定します 続けて2点目を指示します 2点間で線分が部分削除されました もう一度「ホーム」 > 「修正」の フライアウト を見ましょう 「部分削除」ボタンの隣に 「点で部分削除」ボタンがあります このツールボタンには マクロが配置されています 実行すると オブジェクトを選択した後に― オプションを選択しなくても 1点目の指定が促されます そして2点目は1点目と同じ点が指定されて オブジェクトが分割されます BREAK コマンドの実行は 必要に応じて この2つのボタンを使い分けましょう JOIN (結合)コマンドは 複数のオブジェクトを― 1つのオブジェクトにまとめます 上面図の中心線にカーソルを合わせると― 1本の線ではなく 2本の線になっていることが分かります 作図の都合上などで オブジェクトを 分けて描くことはよくありますがー そのままでは後の編集がやりづらくなります この中心線を1本に結合しましょう 「ホーム」 > 「修正」のフライアウト > 「結合」をクリックします コマンドを実行すると― 「ソースオブジェクトを選択 または一度に 結合する複数のオブジェクトを選択」の― プロンプトが表示されます ソースオブジェクトとして選択した オブジェクトの種類により― その後の動作が異なります 例えば ソースオブジェクトとして 線分を選択した場合― 同じ直線状に位置する全ての線分を 1つの線分に結合できます 複数のオブジェクトを まとめて選択した時はー Auto CAD はソースオブジェクトを 自動的に判断します ここでは 2本に分かれている中心線を まとめて選択します 「 Enter 」すると 1つの中心線に結合されます 重複してオブジェクトが存在している時や― 作図の都合上で複数に分けてしまった オブジェクトを再度まとめたい時などに― このコマンドを使用して オブジェクトを整理できます さて 下側の図を範囲選択すると― 多くのオブジェクトが 重複しているのが分かります この様な場合 JOIN コマンドで 1つ1つ結合させるのは面倒です 「ホーム」 > 「修正」のフライアウト > ー 「重複オブジェクトを削除」を 使ってみましょう この OVERKILL コマンドは 重複したオブジェクトを削除したり― 1つのオブジェクトにまとめたりして 図面を整理するためのコマンドです オブジェクトの選択の後― 「重複オブジェクトを削除」ダイアログが 表示されます このダイアログでは 処理対象の オブジェクトへの許容差などを設定します 許容差で設定されている範囲内の オブジェクトは 重なっているとみなします また 既定では 色や線種などが異なれば 違う図形なので処理を行いませんが― それらのプロパティの違いを無視して 処理することもできます ここでは この既定の設定のまま 「 OK 」します もう一度 範囲選択してみると― オブジェクトが 整理されていることが分かります このレッスンでは オブジェクトの 部分削除・分割・結合について― そして 重複したオブジェクトの 整理方法について説明しました

AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCADは2次元CADのデファクトスタンダードとして、世界でもっとも使われているCADです。このコースはCADの初心者でも体系的な理解が得られるように構成されています。AutoCADの作図に対する考え方から、さまざまな補助機能と作図機能、寸法や文字の設定から記入、レイアウトの作成、印刷まで図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間27分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。