AutoCAD LT 2016 基本講座

配列複写(パス配列)の作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、パスに沿ったパターンの作成を学びます。直線または曲線に沿って規則正しいパターンを作成できるようになります。
講師:
04:11

字幕

このレッスンではパスに沿った パターンの作成を学びます 直線 又は 曲線に沿って 規則正しいパターンを 作成できるようになります では PathArray.dwg という図面を開いて 実際に操作してみましょう パス配列はパス曲線として選択した オブジェクトに沿うように 配列オブジェクトを作成します 矩形状・円形状と同様に 複写の個数や間隔を編集できる他 関連付けられたパス曲線への編集にも追従して 配列は自動調整されます では プレート左下の穴を 中心線に沿うように配列してみましょう ホームタブ>修正パネル>配列複写の フライアウトから 「パス配列複写」をクリックします オブジェクトとして穴を選択します 「パス曲線を選択」のプロンプトに対して 中心線を選択します この中心線はPラインコマンドを使って 穴の中心位置から描き始めたものです 配列複写作成コンテキストタブが 表示されます オブジェクトプロパティ管理パネルには メジャーとディバイダ 2つのオプションがあります メジャーでは オブジェクトは 指定した間隔距離で配置されます ディバイダでは 項目数を指定して 等分割で 配列がなされます ですので ディバイダオプションでは 間隔距離の入力は行えません 間隔距離は自動計算されます メジャーオプションでは 項目のボタンがONの状態になっています パスの長さに合わせて 自動計算されるようになっています 但し ボタンをOFFにすると 項目数の入力ができるようになります では ディバイダオプションで 項目数を20に設定して 「配列複写を閉じる」ボタンをクリックします パスに沿うように 全部で20個の穴が配置されています パス配列が作成されましたが パス曲線であるポリラインを グリップ編集してみましょう グリップを動かしてみると パス配列はパス曲線に合わせて その位置が変わります 今度は 作成されたパス配列を選択します 配列複写コンテキストタブが表示されて 修正が行えます メジャーオプションに変更して 項目を10 間隔を150に設定します 修正を終えたら 「配列複写を閉じる」ボタンをクリックして 編集を完了します このレッスンではパス配列複写の 作成と修正について説明しました

AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCADは2次元CADのデファクトスタンダードとして、世界でもっとも使われているCADです。このコースはCADの初心者でも体系的な理解が得られるように構成されています。AutoCADの作図に対する考え方から、さまざまな補助機能と作図機能、寸法や文字の設定から記入、レイアウトの作成、印刷まで図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間27分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。