AutoCAD LT 2016 基本講座

ファイルへのパブリッシュ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、PDFなどのファイルへのへの出力について解説します。図面をデジタルフォーマットで出力できるようになります。
講師:
04:33

字幕

このレッスンではPDFなどの ファイルへの出力について解説します 図面をデジタルフォーマットで 出力できるようになります それでは「publish.dwg」という 図面ファイルを開いて 実際に操作を行ってみましょう 用紙への出力だけでなく 図面はDWFやPDFなどの ファイルに出力することもあります 現在開いている図面をファイルに 出力するには出力タブの 「DWF/PDFに書き出し」 パネルの ドロップダウンからファイル形式を選択します ここではPDFでの書き出しを 行ってみましょう PDFに名前をつけて保存ダイアログが 表示されます ダイアログ右側の領域で 書き出しの設定を行います PDFの精度により 「AutoCAD PDF」と名前のついた 四種類の定義済みプリセットの いづれかを選択します [オプション]ボタンをクリックすると 「PDF書き出しオプション」ダイアログ が表示され PDFの品質 フォントの取り扱いなどを 設定できます 品式領域ではPDFのdpi値を設定できます データ領域ではPDFに埋め込む CAD図面の情報を設定できます 例えば画層情報がONの場合 PDFファイルに画層が埋め込まれ PDFビューアーで閲覧する際に 画層の表示/非表示が行えるようになります フォントの取り扱い領域では フォントの埋め込みが設定できます 図面内で使用されているフォントを キャプチャーがONの場合 True Type フォントは PDF内に埋め込まれます 但しSHXフォントのキャプチャーは 行えません SHXフォントを文字にしている場合は このオプションをOFFにします そして「すべての文字をジオメトリに変換」 オプションをONにすることで SHXフォントを形状として PDFに埋め込むことができます 「出力コントロール」領域では 精度のドロップリストから 書き出されるファイルのDPIを 更に上書き設定できます リスト内には業種向けに分かれて 3つのオプションがあります また「精度プリセット管理」 を選択するとー ダイアログが表示されて カスタムプリセットを作成することも行えます 書き出しドロップリストからは PDFの書き出しの対象となるレイアウトを 現在のレイアウトのみか すべてのレイアウトかを選択できます またページ設定ドロップリストから 「優先」を選択することで 現在と異なるページ設定で PDFを作成することもできます [保存]ボタンをクリックすると PDFファイルが作成されます ちなみにJPGおよびPNGファイルへの 出力を行うには 「印刷」ダイアログ または 「ページ設定」ダイアログを使用します 出力機器設定に対してそれぞれの ファイル形式を指定することができます 「PublishToWeb JPGpc3」は JPG形式でファイルを作成します 「PublishToWeb PNGpc3」は PNG形式でファイルを出力します このレッスンではPDFなどの ファイルへの出力について説明しました

AutoCAD LT 2016 基本講座

AutoCADは2次元CADのデファクトスタンダードとして、世界でもっとも使われているCADです。このコースはCADの初心者でも体系的な理解が得られるように構成されています。AutoCADの作図に対する考え方から、さまざまな補助機能と作図機能、寸法や文字の設定から記入、レイアウトの作成、印刷まで図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間27分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。