After Effectsで「火」を作る

炎の動きを作りこむ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「タービュレントディスプレイス」を使うと、画面上の物体を複雑な形に変形させ、それをアニメーションさせることが可能です。
講師:
05:23

字幕

それでは まだこの段階ではただのやはり毛のようにしか見えないのでこれをさらに炎っぽく変形させていきますでは 「CC Hair」はとりあえず使わないのでたたんでおいてまた ここを右クリックして新しいエフェクトをかけます右クリックして その中の「ディストーション」「ディストーション」っていうのはものの変形させるものですね変形させるエフェクトが色々と入っていますその中で「タービュレントディスプレイス」難しい名前ですが「タービュレントディスプレイス」を選びますそうすると もう何かグニャっと形が変わりましたねこれを ON/OFF すると形がグニャっと歪んでるのが分かると思いますそして試しにこの「展開」というところにこの丸いノブがありますのでこれをドラッグしてみると全体がグニャグニャグニャっと曲がりましたねエフェクトを操作して一番最初の状態に戻したい時にはこのリセットというのをクリックすると一発で戻りますこれでかけた直後と同じですこの「タービュレントディスプレイス」を使って 炎が揺れてるような様子を作っていこうと思いますそれでは この初期設定のままでは大きさが大きすぎるので まずこの「サイズ」ってところですねここを変えてみるとこの揺れ方のサイズが変わってきます小さくなったり大きくなったりするのででは 今回 ここを 5 に設定しましょうそして このグニャっと曲がる変形する「量」がその上にありますこれを多くしていくと質感も変わってきますねでは ここは今回は 380 でやってみましょうはい そうするとこれをかける前と比べてだいぶこのただの棒みたいなやつだったのがなんとなく有機的な雰囲気になってきましたねでは これで雰囲気出来たんですがこのままでは何も起きません 止まったままですこれを動かすにはどうしたらいいかというとさっきちょっといじった「展開」ってところ回してあげると動くわけですねでは これを時間に沿ってこの数字が自動で動くようにセットしますさあ その手法ですねこれからもいっぱい出てくるのでぜひとも覚えておいてくださいでは まずこの再生位置を先頭の方にしますさあ そしたらば 「展開」というところの横にボタンがありますこれを ON にしますこれを ON にするとこれから数字を変更した時にそことの間でこの数字の変化のカーブが記録されるというモードがON になったことになりますそれでは 再生位置を今度は一番しっぽまで持って行ってで ここの状態でですね 例えばこれを動かしてあげてこれを1周2周とすると角度で表してますので 2週と89 とかこんな感じで上がってきますこの2点間で数字を決めましたがこっちに戻って ちょっとずつ進めていくとどうでしょう自動的に動いて画面も変わってますねちょっとプレビュー再生してみるとこんな感じにアニメーションするようになりますこれはここの設定 これを ON にしたらこれは 0 ですねこの設定と一番最後のところでまあ 今適当に決めてこの数字この間から ここからここに行くまでにこの数字が到達するように自動的に増えていってますこうしたところ 数字を記録したところをキーフレームと呼びますここを開けてみるとこのちょっとポイントが出てるんでけどこれがキーフレームというものでそれを作ることによってこの2点間でアニメーションさせることが可能ですでは 改めてここの数字なんですけどこれをまずこっち側にまず 0 にしちゃってくださいそして こっちの左の数字というのがかなり激しく動くようにしたいのでここを 50 にします10 秒間で このノブを 50 回回したのと同じだけ変化しますさあ この状態でプレビューしてみると今 早く動いてるのでだいぶ早いですね実際の速さを見るとこんな感じです結構 なんかちょっと炎っぽくなってきたかなという変身が見えてきましたねこれをさらに進めていきます

After Effectsで「火」を作る

このコースではキャンドルの炎、燃え上がるロゴマーク、現実離れした幻想的な炎などをAfter Effectsの標準機能だけで作っていきます。After Effectsが初めての方でも大丈夫です。一般的な映像作品はもちろん、ゲームなどの素材作成にも大変有益なスキルを身に付けることができます。

2時間57分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。