After Effectsで「火」を作る

炎に色を付ける

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「コロラマ」を使うと、色のないグレースケールの素材に対し、明るさに応じた色を付けることができます。
講師:
05:00

字幕

それではさらに炎の形を作り込みますでは 「タービュレントディスプレス」は1回閉じて またエフェクトをかけます今度は レイヤーを選択して右クリックして今度は 「ブラー&シャープ」の中から「ブラー(方向)」というのを選びますさあ これをかけてこんなのが出てきますのでこの「ブラーの長さ」というところをどんどん長くしていくとどうなるかというと縦にぶれたような絵になりましたこの「方向」ってところを動かすと このぶれの方向変わりますねこの「ブラー(方向)」というのは例えば 写真でものが動いてしまった時にその方向にぶれる感じの方向付のぶれを作り出すエフェクトですでは この「ブラーの長さ」ですねこれを 今回は 18 にしましょうすると これの ON/OFF 見てみるとさっきは ちょっとまだ渦巻きみたいだったこの素材ですが「ブラー(方向)」を入れてあげるとちょっと良い具合に縦方向にぶれができて ちょっと炎のような曖昧さボワッと感じ出ましたねまず これで1つですでは 「ブラー(方向)」も1度たたんで次ですがまた右クリックしてまた「ブラー&シャープ」です 今度は毎回使ってる「CC Vector Blur」ですねこれをまたかけます炎を表現する時私の場合はこれ すごくよく使いますねでは 「Amount」増やしていきますとまた変形していきますので今回は「Amount」を9にしますそして 「Angle Offset」ですねここの部分を 90 にしましょうすると こんな感じになりましたどうでしょう だいぶ炎っぽさが出てきたなというのはお分かりいただけるかなと思います1回 この段階でちょっと動きを見てみましょうこのような感じでだいぶ さっきの段階から比べると炎っぽい動きが出てきたんじゃないかなと思いますでは これぐらいでちょっと見てみましょうどうでしょう結構もう炎っぽいですねさあ ここまで来たならば形はおおむね完成ですでは 次にこの炎に色を付けてみましょうじゃ「CC Vector Blur」もたたんでしまって色を付けるエフェクトをアサインします今度は右クリックして「カラー補正」の中の「コロラマ」というやつを選びますこれをかけると最初 このような状態になってしまいますがまず これで色んな色がついてますよね「コロラマ」っていうのはこのグレースケールこの色のついてない白黒のものに対して明るさに応じて色を付けてくエフェクトですでは 初期状態こんなんなってしまいますがまず 第1段階として変更というところ開けますそして 今「アルファを変更」ってなってますがアルファというのは透明の部分です今回の素材はだいぶ半透明とこがあるので「アルファの変更」が入ってしまうとそういったところがなくなってしまうのでこのチェック外しておきますするとこんな感じで さっきの炎の感じが残ったままで色がついてますでは 変更を閉じて次は「出力サイクル」 ここを開けますそして 「プリセットパレット」っていうとこがあるんですが ここを開けてみると色々な カラーのセットが入っています例えばこのグラデーションですねこういうグラデーションに従ってこんなふうに色々なプリセットが入ってますのでこの中で「火」というのがあるのでこれを選びます するとこんな感じになりましたもうこれでかなり火の感じになってきましたねで ここのグラデーションのうちどれぐらいの割合を使うかっていうところがこの「サイクル反復」というところで決められるのでこれを動かすとこんな感じで変わっていくので今回 これを 0.8 にしてみましょうすると こんな感じにいかにも炎っぽい色になってきましたさあ ここまで来るともうあと一歩です

After Effectsで「火」を作る

このコースではキャンドルの炎、燃え上がるロゴマーク、現実離れした幻想的な炎などをAfter Effectsの標準機能だけで作っていきます。After Effectsが初めての方でも大丈夫です。一般的な映像作品はもちろん、ゲームなどの素材作成にも大変有益なスキルを身に付けることができます。

2時間57分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月23日
再生時間:2時間57分 (32 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。