アニメーション実践講座:顔の表情と会話編

ブロッキングアニメーションの完成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、どのようにしてプロッキングアニメーションを作成していくかを、実際にキャラクターリグで作業しながら説明していきます。
講師:
06:24

字幕

このレッスンではどのようにして ブロッキングアニメーションを― 完成していくのかを実際にキャラクターリグを 使用しながら説明していきます それでははじめましょう まずはここにアニメートされた シーンがあるのでそれを1度みて下さい (キャラクター音声) んーわからないなあ パイはあるの? (キャラクター音声) んーわからないなあ パイはあるの? このように音声の前半部分は非常に 残念そうなアニメーションになっています 次に後半部分 これは今回つけていく部分ですが 気持が非常に明るい感じになっているのが わかると思います ですのでこの38フレーム目と 60フレームの間に 気持ちの切り替えが起こったということを アニメーションしていくわけです それでは始めていきましょう まずは この最後のポーズを少しだけ 維持してあげましょう 大体48フレーム目まで このポーズを維持してあげます コントローラを選択して S キーできーを打ってあげます そして次に感情が変わる部分 何かがひらめいたわけですが その時のアニメーションポーズを 作成していきます (かすれたキャラクター音声) パイはあるの? 丁度音声は60フレームから始めるわけですが その60フレームより少し前に ポーズを作成してあげるのが 音声に合わせたアニメーション作成の ヒントになると思います それでは今回は57フレーム辺りに 作成していきたいと思います 新しいアイデアがひらめいたので このキャラクターは正面を― 見て少し頭を上げていきたいと思います コントローラを選択してキーを押しましょう (かすれたキャラクター音声) パイは そして体にも同じようにキーを打ってあげます S のショートカットキーでキーを打ちます (かすれたキャラクター音声) パ パィ この「パ」という音は非常に インパクトのある音なので まずはこのパという部分に 体を上に上げる アニメーションを追加していきたいと思います (かすれたキャラクター音声) パ このように「パ」と発音している間に 体が上に上がったことがわかるでしょうか (かすれたキャラクター音声) パイは パイは パイは そしてこの「イ」という部分で 体を少し下げてあげたいと思います (かすれたキャラクター音声) パイは パイは パイは 少し早すぎたので このキーを削除しましょう (かすれたキャラクター音声) パイは パイは 65フレームで体を下げることにします (かすれたキャラクター音声) パイは そして今度は68フレームで 体を上げてみましょう (かすれたキャラクター音声) パイはあるの? 71フレームで下げてみます (かすれたキャラクター音声) パイはあるの? 今度は「の」という部分で 体をあげてみましょう (かすれたキャラクター音声) パイはあるの? 一度再生してみます (キャラクター音声) んーわからないなあ パイはあるの? (キャラクター音声) んーわからないなあ パイはあるの? この体の上下は「パイはあるの」という音声の アクセントに合わせて付けてあげているので 非常に生き生きとしたアニメーションに なっているのがわかると思います それでは更にここに頭のアニメーションを 追加してみましょう (かすれたキャラクター音声) パイは パイは この体が上がりきった所の少し後のフレームで 頭を少し上向きにしてあげましょう 少し横にしてあげましょう そして S ボタンショートカットキーで キーをうちます (かすれたキャラクター音声) パイは この下がった部分では少し 頭を下げてあげましょう そうすることによって 体のしなりの表現をすることができます (かすれたキャラクター音声) パイはある また69フレームで同じように顔を 上に向けてあげます キーをうちましょう (かすれたキャラクター音声) パイはあるの? そしてまた このように頭を少し下げて キーを打ってあげましょう (かすれたキャラクター音声) パイはあるの? そして 最後の部分も同様に 顔を上げてキーをうってあげて下さい それでは再生してみましょう (キャラクター音声) んーわからないなあ パイはあるの? (キャラクター音声) んーわからないなあ パイはあるの? (キャラクター音声) んーわからないなあ パイはあるの? このように体の上下だけの アニメーションよりは 非常に生き生きとしたアニメーションに なっているのがわかると思います この時に注意することは 頭のアニメーションを付ける時には しなりをだすために体の上昇より わざと遅れて頭を上げる ということを注意しながら 作成していってあげて下さい このレッスンではどのようにして ブロッキングアニメーションを― 完成させていくかを実際にキャラクターリグで 作業しながら説明していきました

アニメーション実践講座:顔の表情と会話編

このコースでは3DCGのキャラクターにどのように会話のアニメーションをつければよいのかをMayaを使用しながら解説します。またCGアニメーションの初心者でも基本的な理解が得られるように構成しています。アニメーションの基礎知識も必要なく、コースを見終わるころには基本的なアニメーションの知識を得ることができるでしょう。

1時間46分 (21 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年09月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。