アニメーション実践講座:顔の表情と会話編

体のポーズの作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、どのようにして基本的なポーズをキャラクターに作成していけば良いのかを実際の作業を通して説明していきます。
講師:
07:04

字幕

このレッスンではどのようにして 基本的なポーズを キャラクターに作成していけばよいのかを 実際の作業を通し説明していきます それではまず音声を聞いて下さい (ファイルの音声)「え え え 知らなかったよそれが爆発するなんて」 このように大きく4つのブロックに 分かれているのがわかると思います 今回は最初の3つのブロックだけ アニメーションしていきたいと思います 後のブロックは皆さんのほうで 作成してみてください それでは早速始めましょう まず最初のポーズは 少しリラックスした感じのポーズに していきたいと思います まずは腰のコントローラーを選択して 左足に体重が乗っているように 調整していきます 足を少し開いてあげましょう このように両足を少し開いてあげて バランスの良いポーズにしていきます 次に手を少し調整してあげましょう このように片方の足に体重が乗っている 少しリラックスしたポーズになります それではこのポーズを少し 維持していきたいと思います このポーズを4フレームまで維持します 次に3回ほど「え え え」 というセリフがあり キャラクターの心情がどんどん 高まっていくのがわかると思います この3つのブロックは徐々に腰を下ろし 徐々に手を上げていく というアニメーションを3回繰り返して 見ている人に印象づけたいと思います それでは1つ目のポーズを 作成していきましょう このように腰のコントローラーを選択して 腰の位置を調整していきます また 肘や肩のコントローラーを選択して 手のポーズも開いて行ってあげましょう 少し前に倒しましょう このように少し腰を下ろし 手を開いてみました このような感じになります それではこのポーズも少し維持していきたい と思います 次のポーズが始まるのは おそらくこの辺りになるので この16フレーム 17フレーム辺りまで このポーズを維持していこうと思います コントローラーをすべてつかんで キーを打っていきましょう そして この部分では これよりも更に腰を落として 手を上げてみたいと思います 腰のコントローラーを使って 腰を調整していきます 同様に膝も調整していきましょう 肘のコントローラーで腕を調整していきます 同じく肩のコントローラーで 肩もこのように開いていきましょう 手首も調整してあげてください それでは 少し見てみましょう (ファイルの音声) 『え え え」 このように徐々に気持ちが 高ぶっているのがわかると思います それではこのポーズも35フレーム目まで 維持していきたいと思います 前回と同様にコントローラーを すべて選択してキーを打っていきましょう そしてこの最後の「え」という部分では よりいっそう腰を深くして よりいっそう手を高く あげていきたいと思います 腰のコントローラーを選択して 少し下げてあげてください 次に肘のコントローラーと 肩のコントローラーで 腕を少し開いてあげましょう 手首も調節してあげてください 同様に反対の腕と手首も調節していきます 背骨のコントローラーで上体も 少し調節しましょう そしてすべてのコントローラーを選択して S キーでキーを打ってあげてください それでは一度再生してみましょう (ファイルの音声)「え え え 知らなかったよそれが爆発するなんて」 (ファイルの音声)「え え え 知らなかったよそれがー」 このように徐々にキャラクターの感情が 高ぶっているのがわかるとおもいます 今回は前半だけのアニメーションを 作成しましたが 皆さんで後半も作成してみてください このレッスンではどのようにして 基本的なポーズを キャラクターに作成していけばよいのかを 実際の作業を通し説明していきました

アニメーション実践講座:顔の表情と会話編

このコースでは3DCGのキャラクターにどのように会話のアニメーションをつければよいのかをMayaを使用しながら解説します。またCGアニメーションの初心者でも基本的な理解が得られるように構成しています。アニメーションの基礎知識も必要なく、コースを見終わるころには基本的なアニメーションの知識を得ることができるでしょう。

1時間46分 (21 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年09月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。