After Effectsで「火」を作る

ロゴと合成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
炎とロゴは、単に重ねるだけでなく「合成モード」の設定でより深みのある質感を出すことができます。
講師:
05:05

字幕

さあ それではいよいよ仕上げの段階ですでは ずっとこの下のロゴを消していたのでこの炎と重ねてみましょうでは 消していたこの目玉をクリックして重ねるとこんな感じになりましたちょっと再生してみましょうねプレビュー再生してみるともうロゴの部分から火が出てる感じ出てますよねこれも再生してみるとこんな感じでもうこれだけでロゴが燃えてる完成としてもまあいいかなというレベルには来ましたただ まだちょっと半透明の炎がなんか字に乗っかってるだけかなという気がちょっとするかなって気もしますねなのでもう少し リアルにしてみたいと思いますでは 今ですね こっちの炎と下のロゴはただ炎が半透明に重なってるだけなんですがこれをですね ちょっともう少しリアルな重ね方をしてみたいと思いますそこで使うのがこの部分ですねレイヤーの様々なコントロールを行う部分なんですが実は表示が2個あります一番下にある「スイッチ/モード」というボタンを押すと これが2種類切り替わります色々な機能があるので その都度ご紹介するのですが その中で今回はこのスイッチを切り替えてこっちの表示にしてくださいさあ その上で炎というレイヤーの「モード」というところこれを使いますこれ 合成モードと言いまして今 単純に「通常」となってますけどこれはただ 上と下の絵が重なるだけですこれをクリックしてみて選択肢が色々とありますでは この中から「加算」というものを選んでみてくださいするとどうなるかというとこんな感じになりましたちょっともう1回比べてみると 通常だとちょっといかにも絵を重ねただけという感じだったのが加算を入れることによって明るい部分がより明るい感じに合成されましたこれですね Photoshop にも同じようなほとんど同じ機能があるのでPhotoshop のレイヤー同士もこういう重ね方ができるのでPhotoshop の使ったことのある方はあああれかとピンとくるかと思いますAfter Effects のレイヤーも同じようにこのように合成モードというやつで非常に効果がある素材同士の重ね合わせが可能となっていますさあ この状態でちょっと見てみるともうさっきよりもだいぶ炎っぽくなりましたよねで 重なってる 特に火のこの映り込みのようにユラユラと揺らぐ感じも出てきて非常に雰囲気が出てきましたでは ここにさらにもうひと効果加えようと思いますでは プロジェクトのパネルに戻って「平面」の中に以前のチャプターから続けてやられてる方は「調整レイヤー」っていうのが入ってると思いますこれをドラッグして持ってきますそうすると 真っ白になってしまいました実はですね 調整レイヤーこのトラック上で作った時は自動的に調整レイヤーになるんですがすでに作られてる調整レイヤーを持ってきた時はちょっと1か所だけスイッチをONにする必要がありますそれが 今度は「スイッチ/モード」をこっちの表示に切り替えた上でこの白と黒の丸の表示ですねここを ON にすると調整レイヤーとして機能しますもしですね2個目以降の調整レイヤーをこの部分からドラッグして持ってくる時には必ずこのスイッチを ON にしてください改めて 新規調整レイヤーを作る場合にはあらかじめ ここがONになった状態で作られてきますがそうすると どんどんこの平面のとこに調整レイヤー溜まっててしまうのでまあ 気にならなければいいんですけどごちゃごちゃにしたくない 使いまわしたい時には ここを手動で ON にしますさあ ではここに対して「エフェクト」>「スタイライズ」>「グロー」これをかけますでは 数字を調整しましょうそうですね今回は「グローしきい値」を 88%これにして 「グロー半径」を 54こんなぐらいにしようかなと思いますそうするとかなり燃えてそこが照らされてるようなちょっと質感もいい感じになりましたねこれでだいたいのところは完成です

After Effectsで「火」を作る

このコースではキャンドルの炎、燃え上がるロゴマーク、現実離れした幻想的な炎などをAfter Effectsの標準機能だけで作っていきます。After Effectsが初めての方でも大丈夫です。一般的な映像作品はもちろん、ゲームなどの素材作成にも大変有益なスキルを身に付けることができます。

2時間57分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。