オンラインマーケティングの基礎

ウェブサイトを効果的に運用するには

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自社のウェブサイトがターゲットとなるユーザーに対し、より効果的に運用するための基本的な考え方を学びましょう。
講師:
06:49

字幕

このレッスンでは ウェブサイトを効果的に運営するにはと ゆうところでお伝えさせていただきます インターネット上でビジネスをする上で ウェブサイト ホームページというのは 欠かせないものになっているんですけれども これはもうただ単にですね やみくもに 作っていくのではなくて しっかりと基本的なプランを 立てて作っていきましょうということで その基本的な知識を お伝えさせていただこうと思います まずですね 効果的- なウェブサイトとは どういうものなのかと いうところを三つにまとめましたので 見てください 一つ目 シンプルであること 複雑なホームページ というのは これ 見る側の立場になったら- わかると思うんですけれども なかなか長く見てくれません すぐ他のサイトに移動しちゃいます なので シンプルにしましょうと いうことです 二つ目 考え抜かれたデザイン これどういうことかというと こちらの発信者の 意図するようにしっかりと- 動いてもらうようにデザインしましょう お申込みボタンは 分かりやすく表示されているか 商品は見やすく- 一覧性があるのか などなどですね しっかりと考えてサイトのデザインを- してきましょうということです 三つ目 高機能であること ただ単に高機能であるということではなく ユーザーさんにとって便利な 機能というのがどんどんやっぱりこの- ウェブサイト ウェブ業界には出てきます そういうものをどんどん取り入れてですね ユーザーさんの利便性をいきましょうと いうことです こういうことを考えながら ターゲットがいる市場にアピールできるように サイトをしっかりと設計しましょうねと いう形になっています ここから八つのチェック項目を- 挙げていきますので このチェック項目を- ですね 確認をしながら このサイトを作る- 前のプランを考えてみてください 一つ目 モバイルで閲覧しやすくしているか 今ですね このウェブサイト インターネット 全体のトラフィックというのが 7割8割以上がすでに スマートフォン モバイルで閲覧されていると いうふうに言われています モバイルで閲覧することを前提に してないというサイトはですね SEO 検索の評価も悪くなったり します それより何よりユーザーさんが- 見にくいですね パソコン用の サイトをモバイルで見るっていうのは なのでしっかりとモバイルで閲覧しやすい- ように設定をしてください 二つ目 すべてのブラウザーの最新バージョンに対応- をしているかということです これですね 例えば ブラウザー色々ありますけれど クローム とか Firefox とか Internet Explorer とかですね あとは 使うデバイス Mac なのか Windows なのか どれかでですねうまく表示 されないよという状態のサイトって 結構あったりします すべてのブラウザの最新バージョンに- 対応させて表示させらるように- なっているのかというのはしっかりと チェックしながらサイトを作ってください 三つ目です ユーザーが持つであろう- すべての質問に答えているか これ商品とかサービスについてはですね しっかり伝えている サイトがほとんどなんですけど じゃあこのサービスを使いたい時に ちょっと質問をしたいと で どういうふうに 問い合わせたらいいのか 問い合わせはメールなのか電話なのか 以外と記載されていないケースなんかが- あります 記載されていても 非常に分かりにくい 小さく表示されているケースなんかがあります であるとかですね この サイトを見ていてユーザーが 「あれ?」と思った時にすぐにそこに 遷移ができるようになっているか どうかっていうところですね を含めて この質問 に答えているかっていう視点で答えてください 四つ目 自社のブランドイメージを- 反映しているかというところです これを高級路線でいきたいのか 低年齢層に親しみを持って欲しいのか とかですね 色々持って欲しいイメージ- というのがみなさんあると思います で それがですね この画面の 背景色であったりとかフォントのサイズ 選ぶそもそものフォントなど細いところまで ですねしっかりと反映させられているかと ゆうとこをチェックしてください 五つ目です 常に最新の状態に更新しているか これは内容のお話です ホームページを作ってですね ずっと同じそのままではですね いつ見に来ても同じ状態という サイトになかなか人は繰り返し 来てくれません 新しい情報をですね- 常に出していくということが大事に- なってくるわけです で これ難しければですね サイトの中にブログのような機能を 組み込んでですねそこを更新していく- という手法なんかもありますし これは考えながらですね- やって欲しいんですけど 常に新しい情報を発信できる 状態にできているかと いうところをチェックしてください 六つ目 すべてのサービスや商品のページに容易に アクセスできるか イチオシ商品 イチオシサービスだけじゃなく- て 取り扱っている商品 サービス すべてのところにですね ユーザーが動線をスムーズに進めるかと いうところを見てくだいさい えーインデックス的なページがあれば 非常にこれは分かりやすいかなと思います 七つ目 すべての規約や約款は 簡単にアクセスできるようになっているか お金が実際に動くECサイト的な- ものを作るということであれば それについての規約はもちろん必要ですし 例えばコメントが 入力できるようなサイトにする場合は そのコメントに対するレスポンスは どうするかとゆうようなところも 意思表示をしていく必要があります ポリシー的なものをですね しっかりと見せられるようになっているかと いうところをチェックしてください 最後八つ目です 競合他社と比較してみよう 特に同業他社のですね ホームページを見ながら- 「うちの場合はこうしよう」 「ここ いいところがある 真似しよう」 「ここは非常に使いにくい」とゆうようなところ 全部チェックしていってですね ユーザー視点で 他の会社さんのページをですね しっかりと見てチェックをしていきましょうと いうことです で これらのチェック項目を確認をしながら 実際に開設した後は効果を検証しながら ウェブサイトの価値をどんどん上げていく この 作ったウェブサイトから実際の売上なり ビジネスにおいての成果を上げていこうと いう形で進めて言っていただければなと 思います このレッスンでウェブサイトを効果的に- 運営するにはというところで サイト構築前のですねチェックポイントを- 八つ 挙げさせていただきました

オンラインマーケティングの基礎

企業のビジネス展開にあたり、ホームページやメールによるDMを利用することもありますが、ソーシャルメディアやYouTubeなどでPRすることも今や当たり前になりました。このコースでは今オンラインマーケティングで導入するべき施策を包括的に紹介します。オンラインマーケティングの基本的な考え方や、それぞれのメディアの特徴や基本的な操作方法について解説します。

4時間47分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。