オンラインマーケティングの基礎

ドメインを選ぶ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自社のビジネスに合ったドメインを選択します。長すぎず覚えやすいドメインを取得するのがおすすめです。
講師:
05:29

字幕

このレッスンでは、ドメインの選び方 についてお話しさせていただきます。 ホームページ、Webサイトを作るとですね そこにはドメインという名前が つくわけなんですけども インターネットの中で 自分のサイトを見つけてもらうための 住所のようなものだと 考えていただければ結構です。 まず、良いドメインとは どいうものかといいますと 1つ目、自社のビジネスとの関連性が 明確であるということです。 全く関係ない名前を持ってきたりとか 有名な人、有名な会社の 名前を借りてきてやっても 自分のビジネスと関係なければ 全然、良いドメインとは言えません。 自社のビジネスがわかるものにしてください。 2つ目、覚えやすいもの。 これは当然ですね。 入力される時に覚えやすいものでないと なかなかそのWebサイトの存在自体も 覚えていただけないと いうことになってきます。 3つ目、使いやすい。 言い直すと、入力しやすいということですね。 非常にその入力のしやすさ キーボードであったりとか、 スマホの入力フォームであったりとか で入力しやすいWebサイトの ドメインにしてください ということです。 例えばですね これ、全く仮の会社です。 田村自動車販売株式会社 という会社があったとします。 こちらの会社がWebサイトを作るという上で ドメインを取りました。 こういうドメインにしました。 「tam-auto.com」 これ、非常にいいですね。 非常に短いですし 入力もしやすいというところで 人に紹介する時も 「tam-auto.comですよ」 というふうに言える、言われるドメインですが かたや、これが 「tamurajidousyakabushikigaisya.com」 ま、会社のことは言ってるけれども あまりにも長い で、パッと見て何の会社かもよくわからない よく見てみると 「田村自動車」と書いてあるので 車の会社なのかな、というのはわかりますけど これはちょっと極端ですけど ナンセンスなドメインという形で 考えていただければいいかなと思います。 今、お話ししてきました 覚えやすいドメインというのは どういうものなのかというところなんですけど これは皆さん考えていただければ わかると思うんです。 まず1つ目、短いことですね。 長ったらしいドメインというのは、 基本的には覚えてもらえません。 短くしましょう、ということです。 2つ目、シンプルであること。 短い、というところと ちょっと似ているんですけども シンプル、その人の その会社のやっていることを思い浮かべると 忘れてても、すぐに思い出せるというような シンプルなものにしてください。 3つ目、一般的な種類のドメインを用いる これちょっと わかりにくいかなと思うんですけど いわゆる、その 「.com」とかですね 「.co.jp」 「.net」とかですね わかりやすい、 一般的にみんなが使っているドメインを 使っていただいた方がいいですよ ということです。 ケースによっては 「.to」とか「.me」とかですね 使うこともあるんですけど 基本的には、「.com」を中心にですね その周辺のドメインを 使っていただいた方がいいと思います。 ちなみに 「.co.jp」というドメインは 法人でないと、取得することができません。 ある一定の審査もありますので 取るのは大変なんですが ネット業界の人間というのは、取るのが 大変だということがわかっていますので 持っていると 逆にそれがメリットになってくると 見せ方としては、良い見せ方になってくる という形になってきますので 検討していただいてもいいかな、と思います。 使いやすいドメインというのは じゃあどういうものなのか、 というふうに考えていきますと 1つ目、これ一緒ですね。 やっぱり長いのはダメです。 短くしましょうということです。 2つ目、特殊な文字を使わない ということなんですけど これ1つの目安としてですね パソコンでキーボードを打つ時に シフトとかコントロールとか押さなくても 入力ができる文字を中心に 考えていただければいいかなと思います。 どうしても押さないといけない時は 1文字、2文字あっても 仕方ないかなかなと思うんですけど 基本的には、簡単に入力できる文字を使って ドメインを構成してください、 ということです。 こうやって、色々ドメインを 自社のドメインはどんなのがいいかな と考えていくわけなんですけれども せっかく考えたドメインが 他の人が使っていたということであればですね 当然ながら、それは使えません。 なので、このドメインを使われているか 使われているのであれば 誰が使っているのかということを 調べる方法があります。 「http://who.is/」ですね 「Who.is」というサイトであるとか こちらですね 「http://tech-unlimited.com/whois.html」 というところにアクセスをしていただくと そこにドメインを入れる 検索窓みたいなのがあります。 そこにドメインを 入力していただいて検索をすると そのドメインが空いているのか 誰かが使っているのか 「.com」は使われているけど 「.net」だったら空いているよ とかですね 色々教えてくれるので こういうところで調べながらですね 自社サイトのドメイン というのを設定してください。 このレッスンでは、ドメインについて お話しをさせていただきました。

オンラインマーケティングの基礎

企業のビジネス展開にあたり、ホームページやメールによるDMを利用することもありますが、ソーシャルメディアやYouTubeなどでPRすることも今や当たり前になりました。このコースでは今オンラインマーケティングで導入するべき施策を包括的に紹介します。オンラインマーケティングの基本的な考え方や、それぞれのメディアの特徴や基本的な操作方法について解説します。

4時間47分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。