オンラインマーケティングの基礎

コンバージョンポイントを設定する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
売上や申し込みなどのコンバージョンポイントを設定します。サイトがどれだけ直接ビジネスに効果を与えたかを計測できます。
講師:
09:55

字幕

このレッスンでは グーグルアナリティクスの中にですね 目標ポイント、コンバージョンと呼ぶんですけども このコンバージョンのポイントを 設定する方法を お伝えさせていただこうと思います。 まずですね、このコンバージョンを設定すると どういうものが見られるのか というところなんですけど まずこのグーグルアナリティクスの 画面のですね 左の方のメニュー、 こちらをみてください。 このメニューの一番下 ここを見ると、 「コンバージョン」と書いてますよね。 これをまずクリックします。 そうすると、 またいくつかの項目が展開されるんですが この中の「目標」、これをクリックします。 「サマリー」というところをクリックすると 設定したこのコンバージョンポイントに 移動したユーザーがですね この対象期間中にいくつあったかと 何人いたのか、 というのが見ることができます。 例えばですね、このサイトでは このお問い合わせがあったら このコンバージョンに カウントをどんどんしていく というふうに設定をしてるんですけど 例えば5月29日のこの日は 1件お問い合わせがありました。 次の日には2件ありました。 こうふうに、ずっと見ていけるわけですね。 このサイトの中では お問い合わせが 獲得できているかどうかというのを こういうふうに見ていくわけなんですけど 業種によっては、モノが売れたとか このレビューのページを見てもらった とかですね いろんな形で設定ができますので やってみてください。 こちら、設定の仕方なんですけど まずですね、 このグーグルアナリティクスの一番上の これ、どちらの画面からも行けます。 「アナリティクス設定」 というものがあります。 こちらをクリックします。 こういう画面になりますので この中から一番右の「ビュー」 というところを見ていっていただくと 1つ目、2つ目、3つ目のところに 「目標」という項目があります。 こちらをクリックします。 「目標」というところに行くとですね このサイトの場合、もういくつか こういうふうにすでに設定されているんですが 今から設定するサイトの場合は、ここには 何も項目が入っていないという形になります。 新しく目標を作る時には、こちら 「新しい目標」という わかりやすい赤いボタンがありますよね。 これをクリックします。 そうすると、 「目標設定」という画面が出てきます。 こちらではですね、この表示 コンバージョンの項目が設定がされる時に どういうふうに表示されるかというのを まず選ぶ形になります。 ちょっと下に下がりますね。 収益があった、というところみたいのが 「注文」ですね、「購入や予約を済ませた」 こうものをこのサイトの中で見たいのか あと「ユーザー獲得」 「登録を完了した」、 「アカウントを作成した」 「ビューを作成した」 こういう時のカウントをしていきたいのか。 あとですね、多いのが「問い合わせ」ですね。 先ほどのサイトでもありました。 問い合わせのカウントをしたいのか。 商品やサービスの レビューのページを見た時に これをカウントをしたいのか。 あと「連絡を希望」、 「ライブチャット」、「アップデート」と 各それぞれ項目があります。 もうちょっと下を見ていくと 「エンゲージメント」ですね 直接の収益や問い合わせではないんですが 情報の比較をした、とかですね お気に入りに追加した メディア再生 共有、ソーシャルで拡散した 何か、このメルマガ的なものですね それに登録をした というそれぞれの項目が ここでも設定できるという形になります。 これ先ほどもお伝えしましたけれども 一覧に表示される時に どういうふうに 表示されるかだけのお話ですので 一番、この今から設定する コンバージョンの項目に合ったものを 選択していただければと思います。 ここではですね この「問い合わせ」というのに チェックをしておくようにします。 このままずっと下に降りていくと 「次のステップ」という青いボタンがありますので こちらをクリックしてください。 はい、そうするとですね また「目標の説明」という画面になります。 ここの名前というところなんですけども これもですね 後で自分で分かりやすいもの 設定をしておけば結構です。 ここではですね、一旦 「プロフィール閲覧」と いうふうに設定をしておきます。 この「目標スロットID」 というのが下にありますが ここは自動的に設定されますので このまま進んでください。 その下、「タイプ」ですね。 このコンバージョンというのが どういう動きをした時に コンバージョンを1とカウントするのか というのをここで設定します。 一番多いのが、この一番上の 「目標」というところですね。 ここでは例として 「thanks.html」 と書いてますが これだとこの 「thanks.html」というページに アクセスをした時 その時にコンバージョンとしてカウントする という意味になっています。 その他ですね、「時間」 5分以上閲覧した時とかですね その人が「セッションあたりの ページビュー/スクリーンビュー」 1セッションあたり3ページ以上見た時に 初めてコンバージョンとカウントしましょう、 とかですね その下、こちら「イベント」 これは動画を再生した、とかですね 画像をクリックした、とか そういう動きをした時に コンバージョンとしてカウントしましょう という設定ができるという形です。 今回、この一番 皆さんが設定することが多い「目標」 これを選択したまま、 次のステップに進みます。 青いボタンを押しますね。 はい、そうするとまたここで 色々設定するんですけど まずこの「目標の詳細」ですね。 これを設定します。 「目標」なんですけど この「等しい」と 「先頭が一致」、 「正規表現」という3つが選べます。 「正規表現」というのは、 ほとんど使わないので ここでは考えなくてもいいんですけど まず「等しい」というのがですね このhtmlそのものに アクセスをした時にですね こちらの方が適用されるという形です。 例えばですね ちょっと他のタブ開きますね。 このページにアクセスした時に コンバージョンとカウントしたい場合は ここまで 「/〜」というところからですね コピーをして ここに貼り付けます。 今、このドメインの後に スラッシュ、プロフィールと 設定したんですけども これと全く等しいページに アクセスがあった時に 初めてコンバージョンと コンバージョンが1件発生したというふうに カウントをするというのが この「等しい」というページになります。 もう一つありましたね。 「先頭が一致」というところなんですけど これはどういうことかと言いますと まず、これを選択して 違うタブ開きますね。 はい、例えばですね このドメイン、ドットコムの後に 「/facebook/ad〜」 というのが書いてますが ここまでですね 「/facebook」 ここさえ合っていれば あとは何でもいいですよ という設定が「先頭が一致」ということです。 これをコピーして、 グーグルアナリティクスに戻って ここに貼り付ける、と。 この設定をしておくと この「/facebook〜」 というふうに続くものは 全てコンバージョンとしてカウントする という設定になります。 この違いをですね ここでは理解しておいて いただければいいかなと思います。 ここではですね、この「等しい」を選んで 先ほどの違うタブに行きますね。 このプロフィールというページを 閲覧したユーザーを コンバージョンと見なす という形にさせていただきますので ここにその設定をしておきます。 ちなみに この右側の「大文字と小文字を区別」 というのが書いてるんですが ここをクリックしておくと URLの大文字と小文字まで区別をしてですね コンバージョンを計測するという形になります。 この下の「値」というところ これもですね 金額が設定できるという形になります。 このアクセスを500円と見なすとか、 1000円に見なすとか というところをここで 設定ができるという形です。 ここではオフにしておきますね。 あと、「目標到達プロセス」 このページに遷移する前にですね ユーザーがどのページから来たのかを 見ておきたい時は ここをオンにしておくと この名前ですね 〜ページから来ましたというのを書いておいて ここにURLを入れておくと ここの、その特定のURLから このコンバージョンに至った というのが見れるという形です。 ここではオフにしておきますね。 はい、これを全て入力をし終わったら この「目標を作成」というのを クリックしていただく 今、設定したのがですね この「プロフィール閲覧」というところですね これが設定できましたという形になります。 これで、レポートに戻って 今はまだ設定したところなので 計測されてないですが この「コンバージョン」、 「サマリー」というところを クリックしておくと ここでですね、 そのコンバージョンが発生した時に コンバージョンの数が計測できるという形になります。 このレッスンではですね サイトの中の目標値、 コンバージョンを設定する方法を お伝えさせていただきました。

オンラインマーケティングの基礎

企業のビジネス展開にあたり、ホームページやメールによるDMを利用することもありますが、ソーシャルメディアやYouTubeなどでPRすることも今や当たり前になりました。このコースでは今オンラインマーケティングで導入するべき施策を包括的に紹介します。オンラインマーケティングの基本的な考え方や、それぞれのメディアの特徴や基本的な操作方法について解説します。

4時間47分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。