オンラインマーケティングの基礎

コンバージョンに至った参照元経路を検証する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
外部からサイトに訪れたユーザーがコンバージョンに至った際、そのサイトから来たユーザーなのかを把握しておきましょう。
講師:
07:29

字幕

このレッスンではー コンバージョンに至った 参照元経路を検証するー というお話をさせていただきます まずですね そのお話をする前にー ラストクリック アトリビューションというもののー お話をさせていただこうと思います ラストクリック アトリビューションー というのがですね コンバージョン ラストクリックに貢献した要因 となるクリックのことー アトリビューション のことを言います 例えばですね コンバージョン に貢献した要因というのはー 色々あるわけですね 例として挙げていくとー セールスメール Eメールを送ってですね そのリンクをクリックして サイトに訪れてー コンバージョンをしてくれた ツイッターで投稿をしたものー そこからサイトを訪れて コンバージョンをしてくれた レビュー記事ですね これは自分で書いたものー もしくは他の 誰かが書いてくれたものー 色々だと思うんですけどー 商品とかサービスを 使ったレビューを見てですね サイトを訪れてコンバージョン してくれたというところとかー 価格比較ページですね これレビューと似てますけどー 価格を比較するページからですね サイトに訪れてー 最終的にコンバージョンした というパターンであるとかー あと ネット外ですね 街の看板とか 手配りのチラシとかー 新聞に入っているチラシとかー それを見てネットに来て コンバージョンをしたとー いろんな例があるわけですね Google アナリティクス を見てるとー 直接ですねー ここから来たというのは わかるんですけどもー 次にお話しするのは このビュースルーコンバージョン もう一つですね 奥深く 見ていく手法というのがあります 例えばですねー ユーザーが広告を見ました でも 直接クリックは その時しませんでした 後で思い出して サイトを訪問しました 最終的にコンバージョンしました こういうパターンも あるわけですね 今はこういうものも 見れるようになってますのでー 何を起こせばー コンバージョンに 至らせることができるのかー 確率が高いのか 低いのか というところもですねー このビュースルー コンバージョンを調べながらー 見ていくことができますよ ということです 例えばですねー この折れ線グラフがー 有料広告をしている 期間なんですけどもー この30日目までですね 有料広告を売ったんですがー その後もズルズルっとー コンバージョン 売り上げ自体は続いていくとー これはですね この広告の期間に見たものがー しっかりと頭に残っていて 後々検索をしてー 購入したとかいうパターンが 考えられるわけですね 直接のコンバージョン だけ見ているとー 例えば 検索対策を 色々したけれどもー これはもひとつコンバージョン 生みませんでしたねとー 一方 ディスプレイ広告を売ったらー そこそこ効果がありましたよー という例なんかが あったりしたとします ただ これだけを見るとー じゃあ検索対策あまり効果がないね という話になるんですがー こういう例もあるわけですね 広告を見て その時は 直接来なかったけれどもー 後々検索をして コンバージョンに至るとー これだったらそのー 一概にこの場合だと 検索の方がー 売り上げが上がっているじゃないか というお話になるんですがー もともとは広告で 知ったんですよね この人 なので じゃあ広告を 止めようとなるとー 広告を止めると 検索する人もいなくなるのでー コンバージョンもなくなる ということが起こっちゃいますー ということです なので しっかりとこの このビュースルー コンバージョンをー 見ておきましょう ということです これが健全な アトリビューションモデルのー 事例なんですけどもー 初回訪問してからですねー 何度か訪れて最終的に クリックに至りますよー という流れがですね できるとー 非常に良い流れかな というところです そのために 初回訪問から コンバージョンに流れる時にですね どういうものを 見せていくかというところがまたー 検証ポイントの一つに なってくるというわけですね ここからですねー Google アナリティクス でですねー このビュースルーコンバージョンー どういう経路を辿って その人が 最終コンバージョンしたかー という見方がありますのでー そちらを併せて見ていきましょう まず Google アナリティクスー にログインをしてもらってですね 左側にメニューが並んでます こちらの「コンバージョン」 これをクリックしてください そうするとですね 4つ項目が今出てきたんですがー ここの「マルチチャネル」ですね こちらを見てみます この中に「コンバージョン経路」 という項目がありますね ここをクリックします ここを見て 下へ 下がっていくとですね 最終的に コンバージョンに至った人がー どういう形で訪れてくれているのか というのが見れます 例えば この一番上のところー 最初は「オーガニック検索」で このサイトのことを知ってー その時はコンバージョンを しなかったけれどもー 後々「ノーリファラー」 直接入力であるとかー メールのリンクとかですねー そういうものを踏んで来てくれてー 初めてその時に コンバージョンをした人がー ずっと右に行きますとー 5人いますよ ということですね そういうのがずっと並んでいてー 例えば この3番目の場合ー 「参照元サイト」 「ノーリファラー」とありますがー 最初 参照元サイトー どこか紹介をしてくれて いたんですね このサイトのことを そこから来てですね その時はコンバージョンはしない ただ 次の時に「ノーリファラー」 直接入力でまた来てくれた その時に初めて コンバージョンをしたという人がー 2件いますよ ということがあります この中には ソーシャルネットワークー ソーシャルメディアから 来た場合であるとかー 参照元であるとかー 色々ですね こういうふうに 項目が出てくるんですけどもー この流れがですねー ここで全て見られる という形になってます なので じゃあオーガニック検索ー をきっかけで このサイトを知った人がー 最終的にコンバージョンが 多いのであればー 広告よりも オーガニック検索に 力を入れるべきですしー ソーシャルネットワーク ソーシャルメディアー フェイスブックとか ツイッターとかでですね 最初に知った人がー その時は買わなくてもー いろんなところを 行ったり来たりしながらー 最終的に購入 コンバージョンに 至るということでしたらー ソーシャルメディアに 力を入れるべきですしー というところがね この表を 見ているとわかるということです このレッスンではー コンバージョンに 至った参照元をですねー 経路を明確に見ていきましょう というところを見ていきました

オンラインマーケティングの基礎

企業のビジネス展開にあたり、ホームページやメールによるDMを利用することもありますが、ソーシャルメディアやYouTubeなどでPRすることも今や当たり前になりました。このコースでは今オンラインマーケティングで導入するべき施策を包括的に紹介します。オンラインマーケティングの基本的な考え方や、それぞれのメディアの特徴や基本的な操作方法について解説します。

4時間47分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。