オンラインマーケティングの基礎

SEOに必要なテクニック

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
検索エンジンに自社サイトを上位表示させるための、基本的なテクニックをお伝えします。
講師:
07:49

字幕

このレッスンでは SEOに必要な基本的なテクニックについて お伝えします。 まず、SEOというのは 1回対策をして終わりなのではなくて 継続してずっと実施し続けることが必要です。 それを前提に考えておいていただきたいのですが まずですね 何を基本的に頭に入れておいて 欲しいのかというと サイト内全てのページを クローラーが巡回できる状態にする。 グーグルがですね この検索対象となるサイトを発見するために クローラーというのをずっと回しているんですけども それが見やすい構造にしておいてくださいね ということです。 具体的には 全てのページにテキストリンクを設置する。 クローラーが徘徊しやすいように ユーザーが見やすいように テキストリンクをきっちりと設置して 全部のページを見やすくしておいてくださいね ということです。 構造なんですけども この図のようにですね 可能な限りフラットにするということです。 ここでいうとまず これがトップページですよね。 トップページから 商品一覧とか 会社概要とかですね こういうふうに カテゴリーを決めていくわけなんですけども これをどんどんどんどん 縦の構造にしないでですね できるだけ横に広がって クリック数を少なく 全部のページが見れるような構造にしておく ということにしておいてください。 もちろん、この見ている人間 ユーザーも見やすいんですけども クローラーも非常にこの全部のページに行きやすい というメリットがあります。 こちらを心がけてください。 一方ですね、例えばこういう かなり深い構造にしたりだとか こういう形で、1本線でですね どんどんどんどん 奥に入っていく構造にするとですね ユーザーは なかなか使いにくいページになっちゃいますし 目的のページになかなかたどり着けないと これ、この図だったら そうですね、トップページから入ってくると 1クリック、2クリック 3クリック、4クリックしないと ここまで辿り着けないという形になるので 非常にユーザーにとっても 優しくない構造になりますし グーグルのクローラーにとっても同じです。 ここまでなかなか辿り着かない という形になってきます。 構造についてまとめますと まず、全てのページですね 回遊しやすいサイトの構成にしてください。 2つ目ですが 重要なコンテンツへの導線を 目立たせるようにしてください。 そうするとですね ユーザーさんが そちらのページに行きやすくなり PVにアクセスが増えて グーグルの評価も上がってくる という形になってきますので こちら2点ですね 構造について心がけてください。 次、設定するURLなんですけども こちらも検索エンジンを意識したものにしてください。 具体的に言いますと、例えば ECサイト デニムパンツのECサイトを するとするとですね 上、「clothingsite.com/mens/pants/denim」 下が「clonthingsite.com/producid=123」 という形になっています。 これ、URLを見ただけで どんなものがわかるかと どんなものが どんな内容のページかなのかがわかるように しておいてほしいということなんですけども 上の場合、メンズ、パンツ、 デニムということで デニムパンツについて 載っているんだなということが 確認ができますが 下の場合だと プロダクIDイコール123なので これ管理ナンバーですよね。 パッと見ただけでは、 何があるかわかりません。 なので何が書いてあるかわかるように URLも工夫をしてください ということです。 はい、次行きます。 タイトルタグの設定をする。 このタイトルタグというのがですね 非常に重要で このキーワードそのものについてはですね グーグルさんが非常に重視している 項目になります。 タイトルタグを設定すると ブラウザーでですね、サイトなんかを見ると このブラウザーのヘッダーの部分に こういうふうに表示されますよね この部分がタイトルタグに入力した 語句になるんですけれども これを入力しておくことによって ここに書いてる文字で検索した時に 上位に上がりやすくなります。 はい、次行きますね。 メタディスクリプションの設定をする。 これ、あまり聞いたことない言葉かなと思うんですけども メタディスクリプションというのはですね ここのことを言います。 これ、検索をした結果 1位から10位まで まず、ずっと出てくるんですけども この検索をした結果のここですね。 この部分をしっかりと 入力しておくことによって このディスクリプション自体も 検索の対象になりますし 検索したユーザーがクリックしようとする きっかけになる文面を書くこともできます。 クリックされればされるほど このページの評価も上がってくる ということが起こりますので 悪いことはないんですね。 なので、しっかりとディスクリプションを 入力しておいてください ということです。 はい、次行きます。 タグを必要に応じて 活用するということです。 これは、コンテンツごとのお話なんですけども コンテンツページごとにですね タグを使ってくださいということです。 特にですね、重要視したいキーワードについて このタグを使ってですね このコンテンツと コンテンツと書いてるところを それぞれですね、このキーワードを入力してください。 表示上は、タイトル この見出し的な表示になってくるんですけども 検索エンジンに対しても 非常に良い評価になってきます。 ただ、このタグについては 1ページ内について1つにしてください。 、タグについても あまり乱発するとですね 逆にどの語句を重要視したらいいのかが わからなくなってきますので あまりたくさん使いすぎないように もうこれぞ、というキーワードを このタグを使って表示させてください。 はい、次です。 画像や動画にはaltタグを活用する とというのがあります。 基本的に検索エンジンというのは テキストデータで全てを読み込んでいます。 画像データがあるとですね。 例えば、野球をしている画像が あったとします。 でも、グーグルさんは その画像が載ってるだけでは それが野球の画像だとは わからないわけなんですね。 というところで、altタグに 「野球」とか「ベースボール」とか いうところを書いておくと この画像は野球に関して 表示されている画像なんだなということを グーグルさんが認識してくれて その「野球」というキーワードに対して その画像が検索評価が上がる ということになってきますので altタグを必ず入れていただく ようにしてください。 色々こういう基本的な対策をとった後ですね このグーグルサーチコンソールで サイトの状況を確認することができます。 どれぐらいこのクローラーが 回ってきてくれているのか 今、検索順位は どれぐらいなのかというところを こちらの方で見ることができます。 グーグルのアカウントがあればですね、 誰でも使うことができますので こちらも参考に見ておいてください。 このレッスンでは SEOに関する基本的なテクニックについて お伝えさせていただきました。

オンラインマーケティングの基礎

企業のビジネス展開にあたり、ホームページやメールによるDMを利用することもありますが、ソーシャルメディアやYouTubeなどでPRすることも今や当たり前になりました。このコースでは今オンラインマーケティングで導入するべき施策を包括的に紹介します。オンラインマーケティングの基本的な考え方や、それぞれのメディアの特徴や基本的な操作方法について解説します。

4時間47分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。