オンラインマーケティングの基礎

検索連動広告を出稿する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
サイトコンテンツに合ったキーワードを設定し、検索連動広告を出稿してみましょう。
講師:
12:27

字幕

このレッスンでは検索連動型広告を 出稿する方法をお伝えさせて頂きます まずこのGoogle AdWordsに ログインをした状態から 始めて頂きたいんですけれども ここからですね "キャンペーン" こちらをクリックします そうするとこちらまだ 何も無いものなんですけれども この赤い "+ キャンペーン" ていうのをクリックします ここで色んな広告が出稿出来るんですけども 上から "検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)" というのがあります こちらですね Google AdWordsで 出稿した広告を Google AdSenseというものを 使ってですね 出稿出来る形になってます 他のサイトにですね 広告が掲載されるという様な所になるものです こちらがですね "検索ネットワークのみ" Googleの検索画面に出て来るもの もしくはこの "検索パートナー" Youtubeで検索したりとかですね その他Googleの関連サイトで 検索をした場合に出て来る広告です こちらは "ディスプレイネットワークのみ" という事になります 検索は連動しない 他のサイトに バナー広告等を出す時に選ぶものです "ショッピング" というのは ”商品リスト広告を作成する場合に最も効果的" と言う風に書いているんですが 今回はですね検索連動型広告なのでこの2つめ "検索ネットワークのみ" というものをクリックします こちら新しい画面が出てきたんですが まず "キャンペーン名" を入力します この "キャンペーン名" というのは 後で分かりやすくなればいいので 例えば "ソーシャルメディア広告" こういう風にしておきます これは皆さんの事業に関係のある名前 分かりやすいものにして頂ければ結構です 続いてですねこの "タイプ" というものを選ぶんですが 基本的にこの "タイプ" というのは 先程選びました "検索ネットワークのみ" で結構です 右側色々選べます "標準ーGoogle検索結果に標準的な キーワードターゲットテキスト広告を表示します" とあって 2つ目この "すべての機能" というのがですね Google傘下のYoutubeであるとか Googleを使ってると Google Documentとかでですね そういう所で 色々と広告を見る事があると思います 今回はですね検索結果に 表示させる広告を作成しますので こちら "標準" の所に チェックが入ったままで結構です このまま下にずっと行きますね "ネットワーク" "異なるネットワークを選択する為には 上のキャンペーンタイプを編集するか" "新しいキャンペーンを作成してください" という所なんですけども "検索パートナーを含める" 今回は検索ネットワークだけに表示されるので ここはチェックを外しておいてください ここまま下に行きます ここで地域が選べますね 地域を選ぶんですけども ワールドワイドに この広告を出したいという時は "全ての国と地域" を 選んで頂いたら結構です 日本に出したい時はこちら2つ目ですね "自分で選択" こちらを押すとですね 例えばここで "tokyo" とかですね 地域が選べます エリアを絞って出す場合は この "自分で選択" というのを選んで エリアを選んでください ここではですね "日本" にします ここまま下に行きます "指定したターゲット地域に合わせて 関連する言語を使用するページに ターゲットを設定します。" という所になってきます "英語" "日本語" というのが 今選ばれてるんですが 今回はですね この日本語が選ばれているので下に行きますね "日本語" にチェックが入っている事を 確認してこのまま進みます ここからですね 広告の金額を決めるものになります この "入札戦略" なんですけども "クリック単価を手動で設定する" という所があります これですね慣れてきたら これで入れていけばいいんですけど 非常にこの金額を決めるというのは 難しいので最初はですね "予算内でクリック数が最大となるよう 入札単価を自動調整する" Googleさん非常に上手く 運用してくれますので こちらの方にクリックを入れておいてください 一日の予算ですね 決められます これはですねご予算に応じて 入れて頂いたら結構なんですが 100円とかでもね出せるんで ここでは一旦 "1000円" という形に入力をしておきます このまま下に行きますね 各オプションがあります "広告と一緒に住所を表示する" "サイトリンク" で "サイト内の特定ページへのリンクを表示する" "広告に電話番号を追加する" リアルビジネスの場合だとこういうのも 入れておいてもいいかもしれません 今回はチェックを入れずにですね次に進みます こちらのページではですね 広告の詳細を決めていきます "広告グループ" こちら "ランディングページを入力してください" と書いているんですけど ここは開けておいてもらっても結構です ずっと下に行きますと "広告グループ名" というのがあります この広告に名前を付けるんですけども 今回仮にですね とこういう風にしておきます でキーワードです ここが重要なんですけれども このキーワードを入力してくれたユーザーに 今作っている広告を見せる というものになりますので 例えばこの "ソーシャルメディア 講演" を取りたい場合はですね このまま これで "Enter" を押していく訳です これを入れていくと右側にですね今こういう この"類似するキーワード" というのが表示されました これ色々あるんですけども クリックするとこういうキーワードが 関連テーマとしてありますよ という事が表示されます このキーワードもですね入れたいと 言う事であればこのチェックの入ったもの 例えばそうですね これは全部入れておきましょう "キャンペーンに追加" というのをクリックします そうするとこのキーワードが今入力されました こちらなんですが更にですね例えば "facebook 講演" とか twitter ですね こういう風にずっと入れていく訳ですね 下にちょっとヒントが書いてるんですけども "最初は10~20個のキーワードで始めましょう。" "具体性を持たせ、1語のキーワードは避けましょう。" "扱っている商品やサービスを探す際に ユーザーが使うであろう 検索語句を選びます。" という事を書いています なのでよりですね この目的に近づいているキーワード これだと例えば "facebook" だけだと大き過ぎる訳ですね なので "facebook" スペース "講演" という風に入れていってですね より目的に近いキーワードを 入れていくという形になります こうやってキーワードを入れていってですね 全てのキーワードを入れ終わったら この一番下 "広告に進む" こちらをクリックします こちらからですね広告を作成する というものです 検索結果に出るものをここで作る訳です まずですね "最終ページURL" という所があります この広告をクリックすると 何処に連れて行くかという所ですね ここにですねURLを入力します 予め今回はコピーをしておきましたので こういうURL これちょっと長いですけどね こういうURL このページにですね来てください という形のものを入力しておきます 次にここの "広告見出し" です 広告をどういうものにするか という風に入力していきます 入力するとですねこちら右側の欄に どういう風に表示されるか というのが見えますので こちらを見ながらですね 確認して頂ければと思います "表示URLの" この部分ですね この右側のサンプルでは緑で書いてる部分 URLも表示させる事が出来ます ただ先程のですねこのURLだと 非常に長くなっちゃうので この前の部分だけを "コピー" して "貼り付け" する等ですね ここは工夫しながらですね やって頂けたらいいと思います でその下 "広告文 説明行" を 入力していきます こういう風に入力しておく訳ですね じゃあこれも右側のサンプル見て頂くと まずこの "ソーシャルメディア講演" という所が表示されて 下にですね "ソーシャルメディアのセミナー 講演のご依頼はこちらから。" という広告が今作れた訳ですね ずっとこれも下に行きます "デバイス設定" こちら "モバイル" と書いてるんですが これにすると モバイルだけの表示になりますので 今回はこのままで結構です "保存" をクリックします 今作った広告がですね こういう風に表示されました 後ですねこの右側の "+広告を作成" というボタンをクリックすると もう1つですね もう1つ2つここでどんどん追加して 作っていく事が出来ます キーワードと同じ条件でこの広告を 作っていけるという形になりますので 効果の良い方をより優先して見せてくれる 非常に賢い機能がありますので こちらの方をやって頂ければなと思います 全部OKだったら "キャンペーンを確認" をクリックします はい金額ですね確認をして下に行きますと 更にここからまだ変更したければ ここでチェックをして "編集" をすると 更にですねここから 又広告が編集出来るという形になります 問題なければ "保存して終了" をクリックします これで広告が出来ました 後は承認されたら この広告が実際に検索結果と連動して 表示されるという形になります 結果の方はですねここに表示されますので ここを見ながらですね 実際に広告が表示されているのか クリックされてるのかと言うのを チェックしながら進めて頂ければと思います 以外と簡単なんで是非チャレンジして下さい このレッスンでは検索連動型広告を 出稿する方法をお伝えさせて頂きました

オンラインマーケティングの基礎

企業のビジネス展開にあたり、ホームページやメールによるDMを利用することもありますが、ソーシャルメディアやYouTubeなどでPRすることも今や当たり前になりました。このコースでは今オンラインマーケティングで導入するべき施策を包括的に紹介します。オンラインマーケティングの基本的な考え方や、それぞれのメディアの特徴や基本的な操作方法について解説します。

4時間47分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。