オンラインマーケティングの基礎

伝わる動画コンテンツを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
他社の事例を参考に、自社が持っている資産(ネタ)を利用して動画コンテンツを作成してみましょう。
講師:
03:33

字幕

このレッスンでは 伝わる動画コンテンツを作成する ということをお伝えします どんな風なことに気をつけたら 伝わる動画が作れるのかという内容を お伝えしようと思います まず 作る時に 内容として 他の会社にはない要素 特徴は何ですかというところです ユニークさであってもいいですし 商品の有利なところであってもいいですし 他の所にないもので 特徴を出すというところを心がけてください 2つ目 伝えたい 企業からの思いや価値観 クレドという風に言われることもあります どういう事を この社会に貢献したいのかとか どういうことを思って この仕事を始めたのかとか というところをしっかりと伝えるような物を 作っていただけたらなと思います 3つ目 一番伝えたいことは何ですかということです これ2つ目の物に似てるんですけども ちょっと違うのは もうちょっと 一押し商品であったり 商品のメリットであったり この「伝えたいこと」というのは よりビジネス寄りのことを 考えていただければ 結構かと思います この3つの要素を考えながら 動く物―動画を作っていただければなと思います さらに この動画を作るときに 気をつけておいて欲しいことが 短い時間にまとめるということです やっぱり伝えたいことっていうのは いくらでも出てくるものなので 長くなりがちなんですけども 目安としては2分以内ぐらいにしてください テレビのコマーシャルなんかでも やっぱり30秒以内なんです なんで30秒以内になってるかというと それ以上流しても 視聴者は飽きるということで あの長さになってるんですけども このインターネット上に流す動画においても 短い時間にまとめるように気をつけてください 2つ目 高品質な動画を撮影するということです 機材は 何年か前に デジタルカメラで動画が撮れる というような物もあったんですけども そういう物じゃなくて きっちりとしたカメラで 撮影をするということを心がけてください 非常に今のインターネットに出ている 動画の質が上がってきていますので その中に出しても 見劣りをしない物を 作っていただければと思います もし iPhone とか Android とかスマートフォンで 動画を撮影する場合は 絶対に横にして撮影するようにしてください あと コールトゥーアクション 「こういう動きをしてください」 動画の中にボタンが出ることがありますね 「こちらに行くと この動画の続きが観れますよ」 「こちらに行くと さらにこの商品の 購入ページに飛べますよ」等 色々あるんですけど このコールトゥアクションという仕組みを 導入をしていただくことが必要です 2つ目 アノテーションを表示させる ということです 動画の内容を補足するために テキスト 文字で 説明する物を アノテーションというんですけども これを表示させることによって より伝わりやすい動画になってきます これらの要素を含めて より効果の出る 動画を作っていただければなと思います このレッスンでは より効果の出る動画の作り方の 考え方についてお話をさせていただきました

オンラインマーケティングの基礎

企業のビジネス展開にあたり、ホームページやメールによるDMを利用することもありますが、ソーシャルメディアやYouTubeなどでPRすることも今や当たり前になりました。このコースでは今オンラインマーケティングで導入するべき施策を包括的に紹介します。オンラインマーケティングの基本的な考え方や、それぞれのメディアの特徴や基本的な操作方法について解説します。

4時間47分 (53 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年09月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。