キャラクターアニメーションの基礎知識:体の動き編

ウォークサイクルの種類

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ウォークサイクルの種類を紹介し、どのように違うのか、またどの用途で使い分けるのが良いのかを説明していきます。
講師:
01:55

字幕

このレッスンでは ウォークサイクルの種類を紹介し どのように違うのか また どの用途で使い分けるのが 良いのかを説明していきます それでは まず アニメーションを見ていきましょう この様に 2種類の歩くサイクルの 違いを見ることができます 奥の方のキャラクターは 実際に 空間を進んでいるのが分かると思います それに対して 手前のキャラクターは 同じ場所で歩く動作を 繰り返しています この様に 歩くサイクルには 2種類あるのが 分かって頂けたでしょうか? それでは 奥のサイクルは どの様な場合に使用されるのでしょうか? 主に奥の歩きは 移動距離が分かっている場合や サイクルアニメーションと 分からせたくない時に よく利用されます それでは 手前のアニメーションは どのような場合に使われるのでしょうか? 主に移動距離が分からず 後で移動距離を足していく歩きの場合に よく使用されます 使用例としては 主にゲームなどや 群衆などによく使用されています そして 手前のキャラクターを 歩かせる場合には 下のメインコントローラーを動かして 歩かせていきます この様に 下のメインコントローラーと一緒に 動いているのがわかるでしょうか? このレッスンでは ウォークサイクルの種類を紹介し どのように違うのか また どの用途で使い分けるのが 良いのかを説明しました

キャラクターアニメーションの基礎知識:体の動き編

このコースではMayaを使用しながら2DCGキャラクターにどのように体全体で動くアニメーションをつければよいのかを解説します。またCGアニメーションの初心者でも基本的な理解が得られるように構成しています。キャラクターの基本的なアニメーションを始めたい方、もっと知識を深めたい方はぜひこのコースをお役立てください。

2時間14分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年09月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。