Swift基本講座

定数の作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Swiftにおける定数の作り方を説明します。定数を作るためにはletというキーワードを使いますが、基本的な文法は変数の作り方と同じです。
講師:
04:35

字幕

このレッスンでは定数の作成方法を 説明したいと思います こちらのプログラムをご覧ください 現在は str という変数を1つ作成して 文字列型で作成しています そしてその後「!」が4つ並んだ文字列を 足し合わせることで この str の内容に少し変化を加えています これは変数として var という キーワードを使っているので 変数として宣言しているのですが この var というキーワードを let (レット)という キーワードに変えることによって 定数を作成することができます 定数は最初に指定された後 もう変えることができませんので 下の方に ! が出て この+=というように 文字列を変化させるような― そういう操作はできませんよ ということが 表示されています では実際にこの定数を いくつか新しく作成してみましょう ここには Hello という文字列を作りましたが その他に 例えば firstName = "Satoshi" と書いて Satoshi という定数 或いは Life という RPG のキャラクターなんかの― Life を指定する 240 或いは Let isActive = true という風に いろんな変数を宣言するのと同じように いろんな定数を作成することが この let というキーワードを使うことで できるようになっています 勿論 この Life の後ろに 「これは Int 型ですよ」ということを : (コロン)を書いて型を指定することも できますし 「これは Bool 型ですよ」ということを 明示することもできます 基本的な使い方は全く変数と同じです ただこの定数を作ったことによって 「これ以降変更できませんよ」と 明示されているということが 大きな違いになります このように let を使うと 定数が作成できる そして var (ヴァア)を使うと 変数を作成できると― いうことで var を使うべきなのか let を使うべきなのか どっちがいいんだろうかということを そのうちに悩み始めると思います どっちがいいのかと言うと 基本的には使える所では この let を使って 定数を作るようにして下さい 何故かと言うと Swift がコンパイルをして アプリケーションをビルドする時に let を使っている部分は これ以上変更する必要がないということで 少しプログラムを最適化して 速く処理ができる可能性があります ですから 使える所ではこの let を指定して できるだけ定数を使っていくことを お勧めしたいと思います Objective-C で これまでプログラミングされていた方の為に Swift でこの変数なのか定数なのかと いうことの使い分けと Objective-C の関係について 少し説明しておきたいと思います Objective-C では基本的に定数という 概念がありません ほぼ全てのものが変更不可能な変数か 変更可能な変数かという形で 例えば文字列の場合ですと NSString は変更できない変数 そして NSMutableString を使うことで 変更できる変数を作るという― 文字列を作成する為のクラスが 2つ用意されています 同じように変更できない配列を表すクラス 変更できるクラスを表す配列といったように Objective-C ではこのように原則として 2つのバージョンのクラスが それぞれ用意されている これが基本的な形でした それに対して Swift では文字列を使いたい 或いは配列を使いたいという時に 2つのバージョンを使い分けるということを しません そうではなくて var を使うことによって 変更することができる変数が用意できる そして let を使うことでもう変更できない それ以上変わることがないので あとあと安心してその値だと思って 使って下さいね という― 定数が用意できるということになっています このレッスンでは Swift の 定数の作り方について説明しました またObjective-CのMutableというキーワードの ついたクラスとの関係についても説明しました

Swift基本講座

このコースでは、iOSやOS X用のアプリをとても簡単に開発することができるプログラミング言語Swiftについて解説します。if文やfor文などの制御命令の使い方から変数や定数、配列や辞書の使い方まで基本的なSwiftプログラミングの知識をPlayground上で説明します。Swiftプログラミングの知識を効率的に学ぶのに、このコースをぜひお役立てください。

2時間59分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年09月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。