Swift基本講座

関数の宣言

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Swiftで関数を宣言して使う方法を説明します。引数の書き方や、デフォルト値のある引数の使い方など、Swiftならではの独特な書き方について細かく見ていきます。
講師:
05:40

字幕

このレッスンでは Swift における 関数の宣言と使い方を説明します 関数というのはコードの塊に名前をつけて 再利用できるようにしたものです こちらをご覧下さい ここでは現在 println Hello という処理を ここに書いていますが この処理に対して func というキーワードを使って myFunc1 という名前をつけています こうして myFunc1 という 名前をつけた処理は myFunc1( ) と書いてやることで 呼び出すことができます 何回でも呼び出すことができるので myFunc1( ) と書いてやる度に 新しい呼び出しが行われて このように何回でも Hello と同じことを 実行できてることが分かります これは最も簡単なタイプの関数でしたが 更にここに引数を加えてみたいと思います 引数を追加する時には どのような引数を追加するのかという 引数の名前 それから引数の型をこのように 名前と型をコロンで区切って書いて下さい そうするとこの myFunc1 というものに対して 名前を何かしら文字列の形で渡すと いう形で引数を貰うことができますので 例えば Hello \( ) の中にこの引数を入れて println でその引数を使うことができます こうした時この myFunc1 の呼び出し方も 名前が必要ということになりますので 例えば ここに Satoshi という文字列を 指定してやると Hello Satoshi とこのように引数が代入されて println に表示されるのが分かると思います 尚 Objective-C とか C++ では この name というのは 変数でやってきましたから この name を簡単に変更する事ができるので この name に例えば Satoshi という所に * を追加したりできるんですが Swift ではデフォルトでは これ定数になっていますので これを変更することはできません その代わりに これは let というので 今現在宣言されているのと同じ状態ですから この let を var (ヴァア)に変えてやって これは変数ですよと宣言してやることで このような変更を行える引数に することができます 引数は複数用意することもできますので 例えば stage という Int 型の 引数が必要ですよ という風にこのように書いてやると in stage 2つ目の引数をこうやって 利用することができます 勿論呼び出す側では2つ目の引数を 書いてやらないといけませんので 例えば stage 4 にいます という風にこうやって書いたら Hello Satoshi in 4!! stage というのがちょっと分かりにくいので stage と付けておきましょう in stage 4 という風に表示されるのが 分かります それからこの引数にはデフォルト値と いうものを指定することができるので 例えばこの4というのを指定しなかった時には stage は1であるということを 仮定して下さい という風にこう書いてやると Satoshi という風に単純に1個だけ 引数をつけて呼び出した時には stage が1であるという風に デフォルト値が使われる こういう風にすることもできます こうなったときに2つ目のこの引数を 渡す時には デフォルト値がある場合には 必ずこの頭に stage という キーワードをつけて下さいと いう風になっていますので stage コロン4という風に 書かないとこのデフォルト値がある 引数に対して その引数を上書きすることはできません 必ず stage コロンという風に 名前を書くようにして下さい それから関数には return 値を 用意することができます return 値というのはまず宣言方法ですが このように マイナスと大なりの記号を 合わせて書くことによって この関数自体が何かしらの値になりますよと いうのを宣言できます 例えばここで myFunc1 というのが Int 型の値を返しますよ という風に書いておくと 何かしらここで返した値 例えば 123 という値を返すことにしますと この myFunc1 を呼び出した結果 123 という値になりましたよと このように return することができます これは Int 型でなくて例えば 文字列型であれば ここに書いている この Hello ~ in stage というのを このまま return することができますので 型に合わせて この宣言した return 値の型に合わせて return をしてやるということが 何よりも重要です こうすると関数呼び出しをした結果 この Satoshi と stage が4であるという 引数の情報をもとにして Hello Satoshi in stage 4!! という風な こういう新しくフォーマットされた文字列を 取得することができます こうして return 値を得られた場合には let 例えば message = として 定数や変数で受け取るということもできますし また println の中に この myFunc1 の呼び出しを 直接入れてやって それを画面に出力するということもできます このレッスンでは Swift における 関数の宣言方法と利用方法を説明しました

Swift基本講座

このコースでは、iOSやOS X用のアプリをとても簡単に開発することができるプログラミング言語Swiftについて解説します。if文やfor文などの制御命令の使い方から変数や定数、配列や辞書の使い方まで基本的なSwiftプログラミングの知識をPlayground上で説明します。Swiftプログラミングの知識を効率的に学ぶのに、このコースをぜひお役立てください。

2時間59分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年09月23日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。