基礎から学ぶActionScript 3.0

シンボルとインスタンスのタイプ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シンボルとインスタンスには、それぞれ3つのタイプがあり、それによってステージ上のアニメーションの動作や、ActionScriptにおける扱いが異なります。
講師:
03:53

字幕

Flash のシンボルとインスタンスには それぞれ三つのタイプがあります その違いと 設定についてご説明します シンボルがライブラリに一つだけ作ってあり そのインスタンスが ステージに配置されています まずこのシンボルというタイプに ついて確認してみましょう シンボルのタイプは現在 「ムービークリップ」になっているんですが 後から確認していときは 右クリックで 「プロパティ」を選択します 「シンボルプロパティ」の ダイアログが開きました これは「シンボルに変換」の ダイアログボックスと似ていまして 「名前」や「種類」を後から 変更する事ができます 現在は「ムービークリップ」になってますね ここは特に変更しません 確認だけで 「 OK 」ボタンを押します シンボルのインスタンスのタイプは 選択ツールでインスタンスを選び 「プロパティインスペクター」で 確かめる事ができます 「プロパティインスペクター」の上の方に 「ムービークリップ」と出てますね ここにもやはり三つの選択があります 「ムービークリップ」[ボタン」 「グラフィック」 ここで 選択を変更する事ができます この時注意してほしいのはシンボルの タイプと インスタンスのタイプは 別々の設定だという事です 舞台に例えた時 シンボルが役者さんで インスタンスが配役だとします するとタイプというのは性別 みたいなものだと思ってください 普通 男の役者さんは男役をやります 女優さんは女役をやります でもそうでない舞台もありますよね 例えば歌舞伎や宝塚です 男性が女形をやったり 女性が男役をやっています そして ActionScript という 脚本を書く上では あくまで 舞台の性別が重要です つまり インスタンスのタイプが ActionScript を書く上ではNone 注目しなければいけない事なのです ライブラリのシンボルから インスタンスをステージに配置すると デフォルトではインスタンスのタイプと ライブラリのシンボルのタイプは一致します ですから 今ステージ上にあるインスタンスは 「ムービークリップ」になっています けれども 脚本上 変える事は可能です ライブラリから 「ムービークリップ」 シンボルのインスタンスを ステージに配置します 配置した時は「ムービークリップ」です けれども このインスタンスを選んで 「グラフィックに」変えてしまう事ができます そうすると こちらは「グラフィック」で 最初に置いたインスタンスは 「ムービークリップ」というように シンボルは同じなのにインスタンスで タイプを別々にする事ができます そして脚本上 ActionScript 上は あくまで舞台上のインスタンスの タイプが重要です そして「グラフィック」インスタンスは Action Script では コントロールができません まとめましょう シンボルと インスタンスには それぞれタイプがあります 「ムービークリップ」[ボタン] と「グラフィック」です デフォルトではシンボルから ステージに配置したインスタンスは 例えばこれは「ムービークリップ」 ですが ステージに配置しても 「ムービークリップ」です けれども 「プロパティインスペクター」で ステージ上のインスタンスそれぞれについて タイプを変えてしまう事ができます そのように設定を変更した場合は ActionScript 上は あくまで ステージ上 インスタンスの タイプが重要性を持つという事です

基礎から学ぶActionScript 3.0

このコースではFlashのActionScript 3.0を初めて学ぶ方を対象に、ActionScriptの基礎から実際にプログラミングをするところまで学習していきます。簡単なスクリプトによるオブジェクトの操作の仕方から始まり、変数や関数といったプログラミングの基礎、そしてインタラクティブなコンテンツの作成まで詳しく解説いたします。

6時間30分 (49 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年01月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。