Maya 2016 基本講座

サブディビジョンサーフェス

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトがスムーズに表示されるサブディビジョンサーフェイスについてモデルを使用しながら説明していきます。
講師:
05:08

字幕

このレッスンでは オブジェクトがスムーズに表示される― サプディビジョンサーフェスについて モデルを使用しながら説明していきます 今 この様に 画面上には ポリゴンモデルが存在しています このポリゴンモデルを スムーズに表示できる サプディビジョンサーフェスに変換して この特徴を見ていきましょう まず このモデルを選択してください そして 2 を押してみて下さい 2 を押すと このようにポリゴンのモデルが スムーズになったのが分かると思います そして 外側にはポリゴンモデルの元の形状が 表示されているのが分かると思います それでは もう一度選択してください 次はショートカットの 3 を押してください すると スムーズになった― ポリゴンモデルだけになったのが 分かると思います 外のポリゴンの表示は消えてしまいました それでは もう少し見ていきましょう 2 を押してください この様に 元のポリゴンでは ここの角の部分が非常に 鋭角になっているのがわかると思います しかしながら スムースをかけた サプディビジョンサーフェスは その鋭角さが無くなってしまっています これを修正するにはどうすれば良いでしょうか? これを修正するにはエッジを追加し エッジとエッジの間を細かくすれば 修正可能です では実際にしていきましょう 「エッジループを挿入」を選択し この様にエッジループを追加すると 下の部分が 鋭角になったのが分かると思います もう一度追加していきましょう この様に非常に鋭角になったのが 分かると思います エッジとエッジの間が狭いほど スムースのかかったモデルは 鋭角を持つようになります それでは もう少し見ていきましょう 今 ポリゴンの元のモデルは 葉がこの形状になります しかしながら スムースがかけられたモデルは 2つのエッジの平均を取るので この様に非常に緩やかな カーブになっています これを修正するには 先ほどと同様に エッジを追加していくことで 修正できます この様に修正していきましょう エッジを追加していってください そうすると スムーズをかけたモデルも この様に鋭角を持つようになります それでは 3 を押して 外の枠を消しましょう この様に 柔らかかった角も きれいに表現されているのが分かると思います それでは 1度 レンダリングして 見てみましょう こうなりました また このサブディビジョンは mental ray でしかサポートされていないので Maya ソフトウェアレンダリングでは レンダリングできません この様に「 Maya ソフトウェア」を 使用すると スムースにする前のポリゴンが レンダリングされているのが分かります この様に スムースをかけたモデルでは エッジを追加することによって 鋭角を保つことが可能です このレッスンでは オブジェクトがスムースに表示される― サブディビジョンサーフェスについて モデルを使用しながら説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。