Maya 2016 基本講座

スカルプトツールのインターフェイス

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ポリゴンコンポーネント編集よりも直感的にモデリングが可能なスカルプトツールのインターフェイスについて説明していきます。
講師:
03:53

字幕

このレッスンでは ポリゴンコンポーネント編集よりも 直感的にモデリングが可能な― スカルプトツールのインターフェースについて 説明していきます このスカルプトツールは Maya 2016 から 搭載された機能になります シェルフにはアイコンが いくつか登録されているのがわかると思います 今回はこの「メッシュツール」 > 「スカルプトツール」 「スカルプトツール」のオプションを 押して使用していきます スカルプトツールを使用する時に 使用するオブジェクトの メッシュが多いほど良い結果を得られます それでは 早速見ていきましょう 編集したいオブジェクトの上で 左ボタンを押しながらドラッグすると スカルプトできるのがわかると思います この「サイズ」というところで ブラシのサイズの変更ができます 「強さ」はブラシの強さを変更できます 「サイズ」のショートカットは B ボタンを押しながら マウスを左クリックしたまま左右にすると このように インタラクティブに サイズを変更できます 「強さ」のショートカットは M キーを押しながら 同様にマウスの左ボタンを押しながら 上下でインタラクティブに 強さを変化させることができます この「反転」ボタンを押すと ブラシ効果が反転します また この「ミラー」を 「オブジェクト X 」にすると X 軸に対象にスカルプト可能になります ここには様々なモードがあるので 皆さん試してみて下さい この「減衰」の部分で ブラシの減衰方法を選択できます 今は このように スムーズな減衰方法になっていますが プリセットがいくつかあり 皆さんで自由に選べるようになっています この「スタイラス」のところでは もし入力にペンタブを使用しているのなら ここで調整が可能になります このように スカルプト機能は ポリゴンのコンポーネント編集よりも 直感的に編集できるので 非常にやりやすいのではないかと思います 皆さんもモデルを使って練習してみて下さい このレッスンでは ポリゴンコンポーネント編集よりも 直感的にモデリングが可能な― スカルプトツールのインターフェースについて 説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。