Maya 2016 基本講座

ナーブスプリミティブ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、各ナーブスプリミティブについてパラメーターに触れながら説明していきます。
講師:
06:03

字幕

このレッスンでは 各「ナーブスプリミティブ」について パラメーターに触れながら 説明していきます 「ナーブスプリミティブ」を作成するには 「シェルフ」のタブの 「カーブ サーフェイス」 シェルフから 作成したり 「作成」の「ナーブスプリミティブ」から 作成可能になります それでは「キュー」を作成してみましょう 次に「チャンネルボックス」の 入力の欄を見て下さい ポリゴンモデルと同様に編集が可能になります この様に半径を編集したり セクションを編集したり スパンを編集する事が可能です またスパンを編集すると 編集出来るポイントの CV が 追加されたり 減っていくのがわかると思います それでは次の形状を見ていきましょう 次は立方体になります この様に立方体はポリゴンの立方体とは 非常に違う事がわかると思います 「アウトライナー」で確認すると 「ナーブスプリミティブ」の立方体はこの様に 六枚のナーブスの平面で構成されているのが わかると思います そしてその六枚が グループ化されて 立方体を形成しているのです この一枚一枚を ナーブスのパッチと呼ぶ事が出来ます この様にポリゴンとは違って ナーブスの立方体は パッチの集まりによって形成されています なので「チャンネルボックス」に移動して この様にパッチ毎に 分割数を変更する事が可能です 次の形状を見ていきましょう 次は円柱です 円柱の このフタの部分のパッチと この本体部分のパッチで形成されています そして 「チャンネルボックス」の この 「スイープ」の終了や セクションで同じ様に 編集が可能です それでは次に この「プリミティブ」を見ていきましょう この「プリミティブ」も この底辺と この三角の本体で形成されています そしてこの様にスパン数 またセクション数が変更可能です それでは次の形状を見ていきましょう プレーンはナーブスの平面になります このパッチ UV でスパン数を 変更する事が可能です そして次は 「トーラス」を見ていきましょう 「トーラス」の「スウィープ」の 「終了」を見ると この様になり 半径をこの様に変更する事が可能です 次に「小スウィープ」というものを変更すると この様にパイプ状だったものが 開くのがわかると思います そしてこれを見ると ナーブスは 四辺で囲まれた四角のパッチであることが わかると思います このレッスンでは 各「ナーブスプリミティブ」について パラメーターに触れながら説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。