Maya 2016 基本講座

ナーブス平面の編集

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、カーブを作成してそれを元にナーブス平面を作成していきます。また作成されたナーブス平面の特徴なども説明していきます。
講師:
05:05

字幕

このレッスンではカーブを作成して それを元に NURBS 平面を作成します また作成された NURBS 平面の 特徴なども説明していきます カーブを使用して平面を作成する場合に 注意するポイントとしては 使用するカーブが閉じていること もう1つは使用するカーブの CV が 同じ平面上にあることになります このように CV が1つでも浮いていると 作成することはできません ではカーブを閉じて作成していきましょう 「カーブ」>「開く/閉じる」を選択して カーブを閉じます 「サーフェス」>「平面」で カーブを元に平面が作成されました このように作成された平面を選択して CV を表示させると 平面を編集できます しかし このように何も無いところにも CV が出てきているのに 気がつくと思います これはこの平面が この使用したカーブを使って 切り取られているということになります ですので本来は このような四角い平面なのですが この今使用しているカーブの通りに 平面が切り取られているだけなのです ですのでこの部分も 何も見えませんが 実は平面があるということになります ですのでこの何も見えない部分の CV を選択して 移動すると このように 見えている部分の平面も影響を受けます また 先程も言ったように CV は同じ平面上になければならないので このように少しでも平面上からずれてしまうと 平面は消えてしまいます もう少し見ていきましょう この layer の一番左端のボタンを クリックして 非表示になっているオブジェクトを 表示してください NURBS の平面の作成で よく使用されるのは このように上と下が開いていたりする― オブジェクトのフタを作る という用途でよく使用されます ではこのカーブを使って 実際にフタを作成していきましょう カーブを選択して この平面作成ツールで作成していきます 同様に上もこのように作成します このように平面作成ツールは カーブから NURBS の平面を作成できるので 非常に便利な機能です このレッスンではカーブを作成して それを元に NURBS 平面を作成しました また作成された NURBS 平面の 特徴も説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。