Maya 2016 基本講座

Mayaレンダリングの概要

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、メンタルレイのプラグインの読み込み、レンダリング設定パネルや、レンダリングビューなどの機能にについて説明していきます。
講師:
06:20

字幕

このレッスンではメンタルレイの プラグインの読み込み レンダリング設定パネルやレンダリング ビューなどの機能について説明します Maya には何種類かのレンダラーが 装備されていますが そのレンダリングを見ていきましょう まず「ウィンドウ」> 「設定/プリファレンス」> 「プラグインマネージャー」を開いて下さい ここには Maya で使用するプラグインが 全て表示されています その中の この― mayatomr という部分の「ロード」と 「自動ロード」の両方に チェックがあることを確認してください 両方にチェックが付いていないと メンタルレイレンダーは使用できないので 両方ともチェックするようにして下さい では レンダリングの設定について 見ていきましょう レンダリングの設定を見ていくには このアイコンをクリックします すると このように 「ソフトウェア」や「ハードウェア」 「ハードウェア 2.0 」や 「 mental ray 」 「ベクター」など 様々なレンダラーの種類が選択できます まず この「ソフトウェア」レンダリングから 見ていきましょう この設定のタブでは このように― ファイル名の設定や どのような形態で出力したいのか JPEG や GIF 様々な画像の種類が選択できます ここではどのカメラを使用して出力したいのか この部分では出力したい画像のサイズを 選ぶことができます また ここで自分の好きなサイズを 打ち込んで カスタムを制作することも可能です また ここを― レンダリングに変更して 「レンダー」>「レンダー設定」から アクセスも可能です では このアイコンを見てみましょう このアイコンを押すと このように「レンダービュー」が開きます そしてこのアイコンを押すと レンダリングが始まります このようにこのカメラで写っているシーンが レンダリングされたのが分かると思います しかしここに見える空などが写っていません これは「 Maya ソフトウェア」が レンダリング方法で この空の表示をカバーしていないからです これは この「 mental ray 」レンダラーを 使用することで表示することが可能になります では このアイコンを見ましょう このアイコンをクリックすると 今レンダリングした画像が このように保存されます 次にハードウェアを レンダリングしてみましょう このように先程とは少し違うのが 分かるでしょうか これが「ソフトウェア」 これが「ハードウェア」になります 影が表示されていますが 少し画面がジャギジャギしているのが 分かると思います ではこれも保存してみましょう 次に 「ハードウェア 2.0 」というものは 「 ビューポート 2.0 」 と同じような― 描写になります そしてこの「 maya ベクター」という レンダリングは 名前の通り ベクターでレンダリングされます ではレンダリングしてみましょう そして保存します このように セル画のような表示に なったのが分かると思います では「 mental ray 」をレンダリングとして 使用してみましょう mental ray のレンダリングが完成しました これが「 maya ソフトウェア」 これが「ハードウェア」 これが「 maya ベクター」 これが「 mental ray 」 それぞれレンダリングに特徴あるのが 分かると思います このように Maya では いくつかのレンダリングを 使い分けることによって 自分の用途に合った画像を作成できます また 各レンダラーには― このように様々なタブがあり ここで更に詳しい― 設定をすることが可能です このレッスンでは mental ray の プラグインの読み方 レンダリング設定パネルや レンダリングビューなどの 機能などについて説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。