Maya 2016 基本講座

円柱UVマッピングの適用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ポリゴンモデルにたいして、円柱UVマッピングを使用し画像を適用していく方法を説明していきます。
講師:
04:41

字幕

このレッスンではポリゴンモデルに対して 円柱 UV マッピングを使用して― 画像を適用していく方法を説明していきます 今回はこの Ground_side という画像を このオブジェクトの この横の四辺に適用したいと思います それでは始めていきましょう まずフェースモードで適用する フェースを選択しましょう 横の画面から このように選択します それでは次に この部分に Lambert を適用しましょう 名前を変更しました 次にカラーのチェッカーから 「ファイル」を適用して この先程の画像を選択してください そうすると画像は適用されましたが 今回も正しく適用されていないのが わかると思います それではまた この UV の適用の方法を変更しましょう 今回はこの「円柱」という方法を 使用したいと思います 再び このように― 四辺を選択してください 次に UV の「円柱」を選択してください そうするとこのようにコントローラーが 表れたのがわかると思います この部分で高さ この部分で― このように 包んでいくのがわかると思います このように一周ぐるっと 包み込むことも可能です それでは「アトリビュート エディタ」 を見てみましょう 先程のパラメーターは ここで調整することが可能です 今回は「水平スイープ」を 90度にしてみましょう 次に高さは 15にしてみます そうすると このように― 綺麗に地面の横に 画像が表示されているのがわかります このようにポリゴンの UV 座標を利用して オブジェクトに画像を 貼り付けることが可能です 今回はこの「円柱」という方法を利用して 画像を貼り付けました このレッスンではポリゴンモデルに対して 円柱 UV マッピングを使用して 画像を適用していく方法を 説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。