Maya 2016 基本講座

UVエディタでのマッピングの編集

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、UVエディタを使用してより複雑なUVマッピングの編集方法を説明していきます。
講師:
09:48

字幕

このレッスンでは UV エディタを使用し より複雑な UV マッピングの エディティング方法を説明します 今回はこの車のモデルを使用して説明します 「アトリビュートエディタ」を見ると 既に 車の本体とガラスには このように 既に phong と lambert が 適用されています 今回は 車の本体にこの画像を 貼り付けていきたいと思います では始めましょう まず 本体の lambert を選択して カラー部分から 先程の画像を 貼り付けてください このように 画像が正しく 貼り付けられていないのが わかると思います 「ウィンドウ」>「 UV エディタ」を開き このように UV を見ると 正しく配置されていません 今回はこの UV を細かいパーツに分割して UV 配置を変更していきます 「 UV 」>「自動」を選択してください このように6枚の板が画面上に現れます この6枚の板を利用して UV の再配置を行います この6枚の板はこのように移動が可能ですし スケールすることも可能です このスケールと移動や 回転などを利用して 自分の理想的な配置を作成してください ではこの配置で作成していきます また この「イメージ」の所の 「イメージを暗く表示」にチェックを入れると 下の画像が暗くなって 非常に見やすくなります では UV のモードに入ります すべての UV を選択して 一度横に移動してください ではこれから順番に UV を配置していきます 車のボディの一部を選択してください 次に「選択」>「シェルの選択」を実行すると このように すべての UV が選択されます これは UV の数が非常に多いときに 便利になります では配置していきます 移動ツール 回転ツール スケールツール等を使って UV を再配置してください このように3つのツールを使用しながら 微調整を行ってください 屋根の部分は白くしたいので この白の箱の中に入るようにしてください これで車の横の UV は配置が完了しました 次は この屋根を変更して行きたいと思います 屋根はこの部分になるので 「選択」>「シェルの選択」で 再び すべて選択します 先程と同様に 移動とスケール 回転を使って 再配置してください このように 屋根が白くなったのが 分かると思います 次に この車の前の部分を見ていきましょう 同様に 「シェルの選択」を利用して 今度は緑の部分に 移動してください このように 半分と屋根 フロント部分が 完成しました 次にこの後ろ部分を見ていきましょう 「シェルの選択」ですべてを選び 今までと同様に 回転とスケールで再配置していきます しかし 今回この屋根部分が半分 白い部分に入りきっていません ですので この屋根部分を一度切り離して 再配置します UV を切り離すには 「ツール」>「 UV カットツール」を 利用します すると このように表示が変わります 次に このようにドラッグしていくと 自動的に UV がカットされていきます これで屋根の UV を切り離せました 再び このように UV モードに入り シェルで選択し 屋根をこのように白い部分に持っていきます 次に この部分は緑なので このように白い部分から― 出してあげてください これで後ろの部分は完成しました 残りの部分は皆さんで UV 編集をしてみてください このレッスンでは UV エディタを使用して より複雑な UV マッピングの エディティング方法を説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。