Maya 2016 基本講座

3Dペインティングの作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトに直接ペイントをして、テクスチャを作成することが出来る3Dペイントツールについて説明していきます。
講師:
06:58

字幕

このレッスンでは オブジェクトに直接ペイントをして テクスチャを作成することが出来る 3Dペイントツールについて説明していきます 今回使用するオブジェクトは この風景のオブジェクトです すでにこのようにレイヤー分けがされています 今回は地面のオブジェクトを使用するので 木などは非表示にしましょう それでは始めていきます 3Dペイントを使用するには このタブを 「レンダリング」に変更してください そしてペイントしたい オブジェクトを選択して― 「テクスチャリング」の 「3Dペイントツール」を選択します 今回はオプションボックスを選択します このようにツール設定の上の部分には― ブラシに関する設定が用意されています そしてペイントを始める前に まず設定をしなければならないのは テクスチャの割り当てになります まずこの部分で 「ペイントするアトリビュート」を選択します 今回は「カラー」を選択してください そして「テクスチャーの割り当て/編集」の ボタンを押してください そしてこのウインドウで 保存したいテクスチャのサイズを 決定することが出来ます 今回は両方 1024 で進めて行きます このボタンを押して適用すると テクスチャを作成することが可能になります このように色を選択し ブラシを大きくして描いていくことが可能です またブラシのサイズはB ボタンを押しながら 左ドラッグで変更することが可能です このように色を変えて テクスチャーを作成していきます またこの塗りつぶしツールを使用すれば すべて塗り潰すことが可能です 今回は山なので 緑で塗り潰してみたいと思います このように「塗り潰しペイント」の ボタンを押すと すべて緑に塗り潰されたのが分かるでしょう それではもう少し ペイントを続けていきましょう カラーを白色にして 山の上に雪を描いていきます またペイントエフェクトの「ブラー」を使用し このように馴染ませることも可能です 次にこのオブジェクトを選択したまま― 「アトリビュート エディタ」 を 見てみましょう このように「カラー」のところに モードが作成されているのが分かると思います そして今作成したこのテクスチャが 表示されているのが分かると思います しかしながらこのイメージのところに 何も書いていません 現在このテクスチャは メモリに記憶されているだけで 実際に画像としてはセーブされていないのです ですのでこの画像をセーブする必要があります もう一度ペイントツールの オプションボタンを作成します ここに「テクスチャの保存」という ボタンがあるのが分かると思います このボタンを押すと このようにイメージの名前の欄に テクスチャが作成されたのが分かると思います このフォルダをクリックすると― テクスチャが作成されたパスが表示されます このパスを辿って作成されたテクスチャを 編集することが可能です このようにテクスチャを書き終わったら 必ず保存をしてください またこの「ペイントするアトリビュート」から カラーだけではなく 「アンビエント」や「ディスプレイスメント」 「バンプマップ」など 様々な種類のテクスチャも ペイントすることが出来るので 皆さんも自分で一度試してみてください このレッスンでは オブジェクトに直接ペイントをして テクスチャを作成することが出来る 3Dペイントツールについて説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。