Maya 2016 基本講座

ライトの種類

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、シーンに光をもたらすために用意されているバーチャルライトの基本的な特徴と操作方法を説明していきます。
講師:
07:46

字幕

このレッスンではシーンに 光をもたらす為に用意されている― バーチャルライトの基本的な特徴と 操作方法を説明します Maya には標準で いくつかのライトが登録されています そのライトは「シェルフ」> 「レンダリング」タブのこの項目になります また「作成」>「ライト」からも作成できます まずスポットライトから見ていきましょう このように スポットライトが 作成されたのが分かると思います 移動して回転させましょう しかし今画面上には ライトが表示されていません 「ライティング」>「すべてのライトの使用」 を選択すると どのようにライトが作用しているか 見れるようになります また ライトを移動させる時に 軸方向を「ワールド」ではなく 「オブジェクト」にすると 非常に簡単に移動できます このように オブジェクトを 照らすことが可能です 「レンダラ」>「ビューポート 2.0 」に なっていることを確認してください 旧式のビューポートだと このように綺麗に反映できません ではキーボードの T ボタンを 押してください T ボタンを押すともう1つ マニュピュレーターが追加されます このマニュピュレーターを利用して どの部分を照らしたいのかを 決定することが可能です ですので このように スポットライトを動かしても 照らしている場所は一定の場所になります このようにスポットライトのアニメーションを 作成する事が可能です 次にアトリビュートを見ていきましょう ライトの種類はこの「タイプ」という所から 変化させることが可能です では 次のライトを見ていきましょう 次はアンビエントライトになります これは環境光です 「カラー」や「強度」がこのスライダで 設定できます 強度の初期設定は「1」になります 次に このディレクショナルライトを 見てください このライトは主に方向性を持つ光になります ですので太陽光などによく使用されます 次のライトを見てみましょう 次はポイントライトになります このポイントライトというライトは 部屋にある電球のようなライトです ある部分から光を発光し照らすという ライトの種類になります では 次のエリアライトを見ていきましょう このエリアライトはこのように オブジェクトからの距離によって 光の強さが変わります 更に このライトはこのように スケールによっても明るさが変化します スケールが大きいほど 強いライトになります そしてこのように柔らかい影が作成されて 光を柔らかく減衰していきます しかしこのエリアライトは レンダリング時間が非常にかかるので うまく利用しないと良い結果が得られません では もう一度スポットライトに戻りましょう 少しスポットライトの項目を見ていきます この「減衰率」では このように 光がどのように減衰していくかを 決定できます またここではこの角度を決定できたり この縁のぼかし具合を決定できたりします この「ドロップオフ」では中心からどの位 ぼかすのか決定することが可能です また 他の項目として 「フォグ」や 「グロウ」なども設定できます またここでは「シャドウ」を設定できます このように Maya には個性的なライトが いくつも登録されているので シーンによってうまく使い分けて 使用してください このレッスンでは シーンに光をもたらす為に用意されている― バーチャルライトの基本的な特徴と 操作方法を説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。