Maya 2016 基本講座

アニメーションインターフェイス

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、アニメーション作成に使用するインターフェイスや各種設定について説明していきます。
講師:
07:57

字幕

このレッスンではアニメーション作成に 使用するインターフェイスや― 各種設定について説明していきます いま開いているシーンはこのように― ロケットが飛んでいくアニメーションが 作成されています それでは このシーンをもとに説明していきます まずこの部分はタイムスライダー と呼ばれる部分になります このようにドラッグしながら移動させると― アニメーションが再生されているのが わかると思います そしてこのボタンが再生ボタンになります その隣が逆再生になります 更にこのボタンを押すと― 一コマずつ再生されているのが わかると思います アニメーションがついている オブジェクトを選択すると― このようにタイムスライダー上に 赤い印がでてくるのがわかると思います これはこのフレームに 選択したオブジェクトが― キーフレームを持っているということを 表しています また このボタンを押すとこのように― 次のキーフレームに移動することが 可能になります それでは次にこの下のレンジスライダー というものを見ていきましょう この外側の数字の2つは― シーンが持っているすべての フレーム数になります そして内側の数字は― すべてのフレームのどこを表示しているか ということになります このボックスをドラッグしながら 移動すると― このように領域を変化させることが可能です また このバーはこのように 左右に移動することが可能です もし長いフレームのアニメーションを 作成している場合ならば― この― レンジスライダーが非常に役に立つ と思います また この領域はこの内側の部分に 直接数字を打ち込むことによっても― 変更が可能です 次はこのボタンを見ていきましょう このボタンはオートキーという ボタンになります このオートキーを ON にした状態だと オブジェクトを移動すると― 自動的にオブジェクトに キーが設定されます このボタンを OFF にしていると オブジェクトを動かした後に― 自分でキーを打たなければ キーは設定されません ですので作業の内容によって うまく使い分けてください それではその隣のボタンを 見てみましょう このボタンを押すとタイムスライダーの 設定ウィンドウが表示されます ここでは 先程説明した 再生開始・終了や― アニメーションの開始・終了フレーム等を 設定できます また この高さの部分では このように― この部分を高くすることが可能です また このキー マーク サイズの所では このように― キーフレームの赤のバーを 太くすることが可能です 更にこの表示のオプションとして タイムコードを表示することが可能です また ここではスナップをするかしないかも 設定が可能です このビューの更新ではアクティブか すべてに変更することが可能です すべてにチェックをしていると― 作業画面すべてが同時に更新され アクティブにチェックが入っていると― 自分が選択している 作業画面だけが更新されます また このループという所では 再生の方法を決定することができます 1回きりの再生か折り返しか― 連続で何回も再生するか という設定が可能になります 再生スピードではこのように いくつかのオプションがあります リアル タイム再生の選択や― その他いろいろな再生方法が 選択できます また すべてのフレームを再生という 項目を選ぶと― このようにフレームを再生するだけなので 非常に速い再生スピードになります 再生スピードをリアルタイムにする メリットとしては― 音声などを必要とするシーンを作成する時に 非常に有効になります また この設定の項目から― 先程のもとになる 時間を設定することが可能になります NTSC (30 fps) なのか フィルム(24 fps) なのか― 様々な時間の設定がこの項目で可能です 次にこのアニメーションのタブを見てみましょう この自動キーの部分でも先程説明した― このボタンの ON/OFF が可能になります また このように変更したアトリビュートの キーのみキーをうつのか― すべてのアトリビュートの部分に キーをうつのか― ということもここで設定が可能です このようにアニメーションの設定パネルで― 様々な設定が可能になります このレッスンではアニメーション作成に 使用するインターフェイスや― 各種設定について説明しました

Maya 2016 基本講座

このコースでは、Maya 2016の基本的な操作方法を解説します。また初めて3DCGに触れる方でも基本的な理解が得られるように構成しています。モデリングからアニメーション、レンダリングなどすべての作成方法を段階的に詳しく説明していきます。Mayaの基本的な知識を習得したい方、もっとMayaについて深く知りたい方はぜひこのコースをお役立てください!

8時間27分 (102 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年10月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。