Flash Professional CC 2015 基本講座

パネルの操作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Flash Professionalのパネルのの基本的な使い方をご説明します。
講師:
06:20

字幕

このレッスンではFlash の パネルの基本的な使い方についてご説明します今 Flash Player 用のドキュメントつまり ActionScript 3.0 のドキュメントを新規に開いてありますですから ステージには何もありませんこの状態ですと 「プロパティ」 のパネルにはドキュメントについての設定 が表示されます今 確認した通りFlash Player の 17 とそして ActionScript 3.0Flash Player 用のコンテンツですねステージのサイズは 「550 x 400」ということになっていてさらに ステージの背景は白ですこのプロパティは選択したものによって 表示が変わってきますでは 何か描きましょう矩形ツールで 四角を描いてみますアウトラインは無しでカラーはブルーということででは この辺に一つ 四角を描きますそれから もう一つカラーを変えて 四角を描きましょうカラーは それでは 赤にしますこんな四角四角ばかりでは つまらないので楕円も描きましょう楕円も ちょっと違う色にしましょうグリーン ということでやはり 細長い楕円ですさて その後 一番上の矢印選択ツールでクリックしますそうするとこの 今 選んでいる 矩形のシェイプという言い方を するのですがベクター画像ですその情報が 出てきますX座標 Y座標それから 幅 高さ といったものが出てきますね例えば このX座標を今 91 とありますけれども20 としてしまって Enter キーを押しますと左に寄りますそれから 今度は この赤い四角ですけれども幅を それでは100 ちょうどにしましょうEnter キーを押すと 100 になりますあるいは この楕円なのですけれども楕円をそうですね50 の 2 倍 ということで実はここに 掛け算を入れることができます掛け算 足し算 四則演算ですね「掛ける」の場合にはアスタリスク 2これで 100 になりますじゃあ 引き算もやってみましょう10 とEnter キーを押しますと90 ということで ちゃんと計算をしてくれますこの赤 色変えたいな と思ったら赤い四角を選択して選択を表す 網掛が出た状態ですねここで 「カラー」 のパネルを出しますパネル類は 基本的にこの「ウィンドウ」 の中に入っていますそして 「カラー」 というパネルがありますのでこれを選択しますそうすると ちょっとこの辺り 見ててくださいここから 出てくるんですね「カラー」 のパネルです実は よく使うパネルはこの縦長の バーの中に含まれています「色見本」それから 「整列」「情報」「変形」「モーションプリセット」 といった具合です開いたものを やっぱり開くのやめたという場合にはもう一度 クリックしても結構ですしあるいは 関係ないステージの上をクリックしても 閉じることができますでは あらためて 赤い四角を選んで「カラー」 パネルでバーをドラッグしてそうすると 色味が変わりますね色相が変わりますじゃあ 黄色にしましょう ということで黄色い辺り を選んでこの辺の色ということで クリックすると今 選んだ黄色に 変わってくれますさて さらにこの 3 つ 全部を選びたいと全部を選びたい という時には選択ツールですっぽりと 囲むようにドラッグをしますそうすると 3 つのシェイプ形は違いますけれども楕円も 四角も すべてシェイプですベクター画像です選びます先程の パネルの中にあった―「整列」これで真ん中の 「整列」 を選びますこれは水平方向で見て真ん中を揃える ということのなので3 つの図形がすべてちゃんと 中心が揃ったなんか 「おでん」のような感じになりましたけれども焼き鳥と言った方がいいですかねそんな感じになりましたあるいは 「左揃え」 という風にすれば左に揃いますあと 間隔ですね間隔を揃えたいというとまあ だいたい揃ってますけどちょっと こちらの間隔が余白が広いですねそこが 調節されますちょっと 良く見えなかったのでもう少し 極端にしましょうあと Flash ではですね近くにこう 持って行ったときにですねこの 青い矩形の左側の線の近くに持っていくとちょうどガイドが出てきてピタっと こう 吸い付くようになるのですねですから 「整列」 パネルを使わなくてもフリーハンドで 揃えることもできるのですあらためて 全体を選んで「整列」 のパネルで「分布」 ということで揃えますと ちゃんと間隔が揃った と錯覚ですかね 少しここが広く見えるのですけれどもこれで 揃っているらしいですあるいは もう一度全部 選び直しましてプロパティインスペクタの方で位置を変えることもできます今 X が 127.5」となっていますけれどもじゃあ 200 だという風に 代入するとボックスに入力をしてEnter キーを押しますと右にずれる ということですねこのように Flash Professional ではパネルは ツールやあるいは 描画したシェイプですねそういったもので 選択をしながらパネルで設定を変えるということができるわけですこのレッスンではFlash Professional のパネルの使い方について基本的な説明をしました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。