Flash Professional CC 2015 基本講座

ワークスペースの操作

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パネルなどを含めたアプリケーションの画面全体の配置であるワークスペースの操作をご説明します。
講師:
09:15

字幕

このレッスンではFlash Professional のアプリケーションの中のパネルなどを含めた 画面全体の配置ワークスペースの操作について ご説明しますワークスペースというのは予め いくつかセットが用意されていますメニューで言いますと「ウィンドウ」>「ワークスペース」 ですこのコースでは 基本的に初期設定を使っていますけれども 他にもいくつか選択肢がありまして例えば 「アニメーター」 を選びますそうすると 画面の配置がこのように変わりますタイムラインが上になってそれから左の方にカラーとかのパネルの バーが並んでいますそれからツールパネルが 真ん中に来ていますねそして 下にステージがありますそして プロパティとライブラリは一旦 畳まれた形になっていますけれども広げることもできますまたここをクリックすると 畳めますさて 他のセットも試してみたいと思いますが「ウィンドウ」 メニューからでなくこの右上のメニューから 選ぶこともできます「クラシック」これは 古いバージョンのFlash を使ったことがある人にとっては馴染みやすい 配置ですツールパネルが左にありタイムラインが上 そしてステージが下にありますプロパティとライブラリは初期設定と同じように 右側にありカラーなどのバーも その隣にあります次に 「デバッグ」 ですこれは プログラムの問題を発見しようという場合のワークスペースになりますデバッグで使うパネルが「デバッグコンソール」「変数」「出力」 というもので「デバッグコンソール」 はエラーなどを 確認することができますしあるいは プログラムの中で使われている変数の情報を 表示しますあるいは デバッグ用にプログラムにコードを書き込むとその結果が 出力パネルに出てくるということでデザインのパネルは 見当たりませんそして プログラムの書き方 もう一つ「デベロッパー」 という 選択肢もありますこれは プログラムを書く場合ですねその場合には例えば プログラムで利用するパーツボタンなどのコンポーネントのパネルがありますしライブラリはその隣にありますそれから プロパティのパネルが右にありツールパネルは 上の方に来ていますそして ステージとタイムラインが ちょっと 見当たりませんねそれから 「デザイナー」 というのがあります先程の 「アニメーター」 というのはタイムラインが上の方に ドンとあってアニメーションを作るのに適した画面なのですけれども「デザイナー」 の場合には実際の ビジュアルのコンポーネントを作っていくと絵を描いたりする ということですけれどもそういったことに 適したものとしてライブラリの他にカラーのパネルが ドンと表示されていますプロパティは左側にそしてツールのパネルが その隣にありますちょっと 画面が狭いですねもっと大きな画面を使ってスクリーンを使って作業をする という前提なのだと思いますということで画面が小さい方は小さい画面用というワークスペースも用意されていますそうするとプロパティとか ライブラリもあるのですが畳まれています必要があったら 広げてくださいということですねそれから こちらのバーは一緒でツールパネルが左にありますタイムラインは下とそして ステージが上全体に 省スペースになっていますねでは 初期設定の画面に戻しますさて これらから選択をしてもいいのですが自分で好きなようにアレンジすることも可能です例えば ツールパネル右にあるというのはAdobe のアプリケーションではFlash ぐらいだと思うのですがやはり左がいい ということであればこのバーの上の方ですねパネルの上の方を ドラッグしますそして途中で離してしまいますとフロートと言いますけれどもこの 浮いた状態のパネルになりますそうじゃない と左側にきっちり組み込みたい という場合にはもっと左側の方に 寄せてくださいそうすると 青い縦のバーが光りますこれは この青いバーの位置に組み込みされますよ ということですここで手を離せば 左側に組み込みされますあれ バーがちょっと広がっちゃったという場合にはこの右側をドラッグして 縮めてくださいこうすると他の Adobe 製品と同じように左側にツールパネルが来ましたあと例えば カラーパネル出したり消したりと 出来て便利なのですがカラーの作業をずっとしたいということであれば「カラー」 パネルと 「色見本」 とありますけどこのセットを切り離してしまう ということもできますドラッグして持っていきますあるいは 「色見本」 と 「カラー」 もばらかしたいという場合には「色見本」 のこのタブですねあるいは 「カラー」 のタブを ドラッグすれば切り離すことができますあるいは 切り離したタブを一緒にしたいという時には今度は 逆に持っていくと「カラー」 のパネルの 全体のアウトラインがブルーに光りますねこの状態で 手を離せばまた「カラー」 と 「色見本」 がタブで切り分けられていますそれからまた もう少しこの辺に動かしたいな という場合です注意していただきたいのはうっかり 青いバーが光ってしまうとこの状態で手を離すと もちろんここに組み込まれてしまってかなり画面が狭くなりますねですから 青いバーが光らせたい場合はいいです組み込みたい場合は いいのですがそうでない場合には青いバーが光らないようにする ということにお気を付けくださいそれでもここに持ってきたいとちょっと 右なり 左なりにずらせばいいのですが自分はここが好きだとしかも 浮かせた状態フローティングの状態にしたいという場合にはキーボードからWindows は Control キーMacintosh は Command キーを押しますそうすると青いバーが どこに持って行っても出なくなりますので絶対に ここに持っていきたい という場合そして 組み込まれたくない場合にはControl キーもしくはCommand キーを押しながらドラッグするといいでしょうこの位置がとても気に入ったと動かしたくないうっかり操作してると動かしてしまいそうだと簡単に動きますね動かしたくない場合にはロックをすることもできますその時は このパネルのメニューの中から「ロック」 を選ぶともう動かなくなりますサイズは変えられますのでもっと下に広げたりもっと右に広げたり ということは可能になります一旦ロックしたものを また動かしたいという場合には改めて パネルのメニューから「ロックを解除」 を選んでくださいこのようにして 色々操作していてやっぱり 初期設定が良かったと元に戻すの面倒くさいですねそういう場合にはこの初期設定のメニューの一番下に今現在選んでいるチェックの付いているワークスペースのリセットというメニューがありますそうすると その設定ワークスペースの初期状態に戻すことができますリセット本当にしますか というので「はい」 と押しますと初期設定の 元の状態に戻すことができますさらに ワークスペースは自分で作ることもできます例えば「デザイナー」 でいいんだけれどもでもツールパネルがここにあるのが嫌だという場合にはもちろん 自由に動かすことができるわけですから先程 お見せした通り左に持って行って青いバーが縦に光ったところで 離しますそれから「ライブラリ」 のパネルの幅が ちょっとあるので幅が広すぎる という場合には畳むことができますこの右側で 折り畳むとこの画面には これくらいが良さそうですねあ それから ライブラリはやはりプロパティと一緒にしたい という場合にはこのライブラリをドラッグしてプロパティの横に持って行ってプロパティのパネルが 全体アウトラインが青く光ったところで 手を離すとプロパティとライブラリが初期設定等と同じように組み込まれましたでは これは気に入った―これを自分のスタンダードにしたいという場合であればメニューの中からこちらのメニューの中から「新規ワークスペース」これで このワークスペースを登録することができます例えば MyWorkspace ですねそして OK を押しますちょっと 初期設定を試してみましょうということで初期設定を試してあるいは「アニメーター」 だとでもやっぱり先程登録した MyWorkspaceに戻したい ということであればMyWorkspace を選べばいつでも 先程登録した状態に戻すことができますこのレッスンではパネルを含めた アプリケーションの画面全体の設定ワークスペースの操作とその登録の方法についてご説明しました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。