Flash Professional CC 2015 基本講座

矩形ツールと楕円ツール

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
矩形ツールと楕円ツールを使った、長方形と楕円の描き方をご説明します。
講師:
06:43

字幕

このレッスンではツールパネルの矩形ツールと楕円ツールこの 2 つの使い方の ご説明をします矩形というのは四角形 長方形ですね楕円は 楕円で それ以上言うことはない と思いますけれどもまずは 矩形ツールから選びますそうしたら塗りのカラーは このバケツの横のアイコンをクリックして好きな色を選びましょう例えば派手ですが 赤としますそれから アウトラインなのですけれどもこれは 鉛筆で選択します赤い斜線はアウトラインが無し という意味になりますここでは アウトライン付けましょうでは わかりやすいように今度は アウトラインがブルーと線の太さをこのスライダーで 変えることができますちょっと太めにして わかりやすいようになかなか切りのいい数字にならないなということがどうしても嫌な方は数字を直接打っても 結構です10 と大きくしましたそれから 線のスタイルなのですけれどもデフォルトは 「実線」 ですが「破線」 とか 「点線」 とか「ラフ」 「点描」「ハッチ」 等が選べますここは 「実線」 にしておきましょう描き方は四角形の対角線を頭の中にイメージして ドラッグしますさて この矩形ツールで四角を描いた後例えば カラーとか塗りのカラー 線のカラーを変えることもできますし大きさを変えることもできますそのためには まずこの描いた図形を もう一度選択ツールで 選び直しますその時に クリックで選択これは 間違いではないのですがFlash の場合少し特徴がありますので ご注意ください今 塗りをクリックしましたそして ドラッグすると当然 移動になりますご覧の通りアウトラインが 置いてかれちゃうんですね取り消しましょうアウトラインも含めて選択したい という時には塗りをダブルクリックします線の場合特に クリックしてしまうとちょっとおかしいですドラッグするとあとの 3 辺が 置いていかれてしまうのですねでは 元に戻しましょう4 辺 選びたいという時には線の上をダブルクリックします今回は 塗りをダブルクリックして塗りも線も 選んだ状態で設定を変えることにしましょう線 太すぎますねでは もっと細くということで1 ピクセルにしましょうそして Enter キーです線が細くなりましたねでは 塗りを変えたいと思いますバケツの横の アイコンをクリックしてグラデーションも いくつか用意されていますちょっと派手ですが 虹色という風に 変えることができますもう一度 描き直しましょう一旦 消したいと思いますが選択ツールで すっぽりと囲んでも結構ですし先程 ご紹介した通り塗りをダブルクリック でも結構です全部を選択したらキーボードからDel キーもしくはBackspace キーで消しますさて 相変わらず四角を描きます矩形ツールを もう一度選ぶと先程の設定が 残っていますこれは 特に変えませんけれども精確に正方形が描きたい という時にはキーボードから Shift キーを押しながらドラッグしますそうすると 縦横比が固定になって大きさは変わりますけれども正方形が描けますそれから 今度はキーボードからWindows は Alt キーMac は Option キーを押しながらドラッグすると中心から 図形を描くことができます中心から 正方形が描きたいと思ったら2 つの組み合わせですねWindows は Alt + ShiftMac は Option + Shiftを押しながらドラッグすれば中心から正方形が描けますでは 2 つ描いたので選択ツールで もう一回消しますこのときは すっぽり囲んだ方が2 つ いっぺんに消せますからいいですね2 つ選んで キーボードからBackspace もしくは Del ですそれから もう一つ矩形ツールのオプションを紹介しておきましょう「矩形オプション」 というところで数字が入れられますここでは 例えば 10 という風に入れてEnter キーを押しますと角丸の四角形が描けますこんな感じですねこれも 消しましょうダブルクリックで選んでキーボードから Del します今度は楕円ツールです楕円ツールも 同じようにカラーを選びます今度は そうですね もうちょっと地味なグラデーションにしましょう真ん中から放射状のグラデーションですじゃあ 線は少し暗めの青 ということで弱冠 おとなしめにしましたこの場合も 同じです対角線をドラッグして楕円を描けますまん丸にしたい という場合にはShift キーを押しながら中心から 描きたいという時にはWindows は AltMac は Option キーを押しながらで中心からですねShift キーを加えれば中心から 正円が描けます選択の仕方は やはり塗りをダブルクリックで線と 塗りが両方 選ばれます円の場合には 角が無いので線を一回クリックすると線 全部が選べますそうすると 線だけ切ってしまうことができるのですがこれは 取り消しておきましょうでは 全部消したいと思います全部選択するときには 選択ツールでドラッグして すっぽり囲むこれが まあ 簡単ですけれども本当に全部であれば「すべて選択」 ですねそして ショートカットも比較的 覚えやすいですWindows は ControlMac は Command キーを押しながら「A」 すべて(All)の A ですねAll items の A ですこれで全部選択できますのでキーボードから Delこのレッスンではツールパネルの 矩形ツールと楕円ツールの使い方をご説明しました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。