Flash Professional CC 2015 基本講座

シェイプの変形

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シェイプは描いた後に変形できます。その操作の仕方についてご紹介します。
講師:
06:01

字幕

このレッスンでは、シェイプの変形の仕方についてご説明します。シェイプは描いた後に変形をすることができます。まず何か描かないといけませんけれども、簡単なところから「線ツール」を使いましょう。線ツールで直線を引きます。ちなみに直線を引くときに線ツールの場合は、Shift キーを押しながらドラッグすると、45 度刻みで線を引くことができます。特に必要ありませんけど、水平線を引きました。そして「選択ツール」で変形を行うんですが、まず一つ目の注意なんですけれども、クリックします。そうすると選択されます。そしてドラッグすると移動になります。これは変形にはなりません。変形をするときには、選択をしていない状態からスタートして下さい。では関係ないところをクリックします。選択が外れました。そしてあとマウスポインターの形が変わることにご注目ください。端っこにポインタを合わせます。そうするとポインタの右下に鍵括弧が付きます。そうすると、この端の座標を動かすことができます。反対側も同様です。かなり急勾配になりました。それから今度は、端っこでない所の中間にポインタを合わせると、丸括弧が付きます。この状態でドラッグすると直線を曲線にすることができるんですね。 ということで最初は直線だったんですけれども、なめらかなカーブの曲線を描くということが「線ツール」と「選択ツール」でできるということなんです。ではこれは消してしまいましょう。念のためダブルクリックで選択をして キーボードから Delete です。「鉛筆ツール」でも同様に編集はできるんですけれども、鉛筆ツールの場合は少し面倒です。なぜかと言いますと、では「選択ツール」に持ち替えて、どこがセグメントになっているのかということを意識しながら選択しないといけないんですね。今回は割となめらかに描けたようでセグメントが二つですね。セグメントが少なければまだやりやすいんですけれども、端っこをドラッグして、この曲線の出発点というのか到着点かもしれませんけれども位置を変えることができます。あるいは真ん中をドラッグしてカーブを変えることができます。ただこうしていくと、どんどんセグメントがグチャグチャになってくるんですね。ですからセグメントを意識しながらこの変形が上手くできるという方は良いんですが、私を含めて中々難しいかと思います。こことここのセグメントが今度はちょっと切れてしまいましたね。こんな風にドラッグをしているとどんどんセグメントが増えてしまって、セグメントが増えるほど編集は難しくなります。 ですからこの一部をドラッグして形を変えていくというのは、単純な形から、例えば直線とか矩形とか楕円から変形をしていくという時に使うのが良いと思います。鉛筆でフリーに描いているのでしたら、鉛筆で自分の思った線をきっちり描くのが良いと思います。ただ、線を消すということは簡単にできます。まず一つはドラッグをしてそのドラッグされた範囲に収まった線これはキーボードからDelete で消すことができます。あるいは 複雑な線を描いてしまった場合ですね。ドラッグすると上手く選べないことがあります。そういった時は消しゴムのツールがありますので、これを使うと細かくドラッグをして鉛筆と同じようにドラッグをして消すことができます。線を細かく消したいときには、この「消しゴムツール」を使うのも一つの方法でしょう。ではこの線はダブルクリックで選択してキーボードから Delete で消してしまいます。今度は「矩形ツール」を使います。塗りはブルーで、線は黒、1ピクセルの実線です。矩形を普通に長方形として描きます。この場合も「選択ツール」で同じように変形することができます。ただ「線ツール」と違いますのは、角にポインタを持ってきたときに右下に鍵括弧が付きます。 この状態でドラッグするとこの角が動かせるんですが、ちゃんと塗りがありますので塗りもついてきてくれます。ということで端っこをドラッグすると、塗りと共にこの矩形を、自由な...もともとは長方形だったわけですが、自由な四角形に変えることができるわけです。もちろん真ん中の所、ポインタの下に丸括弧がついたら直線に変えることができます。そうすると初めは矩形だったものが何となくなめらかな形に変形できます。あとちょっとしたテクニックをお教えしてこのレッスンを閉じたいと思いますけれども、一部を選択します。ドラッグするとこのドラッグした範囲の中だけの線と塗りが選択されます。ここで重要なのは、そのどの範囲を選択したかということではなくて、選択したこの端っこです。この選択した部分というのは変形できません。ということで、この右側の変形できるところにポインタを合わせるとポインタの下に丸括弧が付きますね。ここでドラッグすると、この選択した所と次の角までの所を曲線でなめらかに変形することができるんです。こんな風にすると、一部を変形しつつ元は矩形だったものを自由な曲線の図形に描き変えるということもできるわけです。このレッスンではシェイプの変形の仕方について簡単なテクニックも含めてご紹介しました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。