Flash Professional CC 2015 基本講座

結合描画モードとオブジェクト描画モード

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シェイプを描画するモードには、デフォルトの結合描画モードに加えてオブジェクト描画モードのオプションがあります。そのふたつの違いについてご説明します。
講師:
05:01

字幕

このレッスンでは、シェイプを描くときの描画モードの違いについてご説明します。まずはデフォルトの描画モードなんですが、シェイプを2つ描きます。一つ目は矩形です。塗り青、線が黒で、1ピクセルの実線。この辺に書きましょう。それから次は楕円です。同じ設定で楕円を描きます。そして楕円をダブルクリックで、塗りと線の両方を選択したら矩形に重ねます。そして関係ない所をクリックすると、選択が外れます。もう一度 楕円の塗りをダブルクリックしてドラッグすると、矩形の重なっている部分が抜けてしまいます。これが通常の描画のモードで「結合描画モード」といいます。くっついてしまうという意味ですね。2つを重ねるとくっついて下が削れてしまうということです。では削れた方は消してしまいましょう。塗りをダブルクリックしてキーボードから Delete です。描画モードを変えるのはツールバーのもっと下の方にありますので、少し幅を広げます。これで良いでしょうか。もう一度 矩形を描くんですが、その時にこのボタンです。「オブジェクトの描画」描画モードをオブジェクト描画モードに変更します。これはオンオフのボタンになっていて、これでオンです。 矩形を描きます。なんとなく変わったような変わってないような。楕円も描きましょう。楕円を描きます。楕円はちょっと変わってる所が分かりますね。何か細いアウトラインが四角形のアウトラインが出てきます。これがオブジェクト描画モードで描いたシェイプの場合です。矩形の方も選択ツールでクリックするとそれがあるんですけど、矩形なので重なってしまって見えないということですね。でもこれを重ねてみます。そして関係ないところをクリックして選択を外します。ドラッグして外に出しますと、削れてないですね。グループ化したオブジェクトと似ています。重ねても削れません。そしてグループ化したオブジェクトと同じように、例えば重ね順の変更などは「修正」の「重ね順」で「最背面へ」オブジェクト描画モードで描いた楕円を送ります。後ろに行きますね。では改めてこれは「編集」で元に戻しましょう。もう一回これはグループ化と何か様子が似ているんですがではここに残した楕円をダブルクリックして、アウトラインまで含めて全て選択してグループ化してみましょう。「修正」メニューから「グループ」、ショートカットは Ctrl もしくは Command+GGroup の G ですね。 やはり線が付きました。ちょっと色が違いますけどなんとなく似ていますね。ただし違いはグループ化した場合カラーが変えられません。もちろんダブルクリックをしてグループの中に入れば変えられるんですが、外の状態では直接変えることができません。ところが オブジェクト描画モードで描いた楕円は、ちゃんとカラーのコントロールが付いています。こっちはグラデーションだと変えることができます。それからこちらの今度は矩形でやりましょうか。選択をしない状態からマウスポインターをこの辺に合わせると矢印の下に丸括弧が付きます。変形できるんですね。これは元々の結合描画モードのシェイプであればこういう変形はできました。でも グループ化してしまいますと、やはりグループの中に入らないと変形ができないんですね。ですからオブジェクト描画モードで描いた矩形とか楕円とかこういったものは、結合モード、デフォルトのシェイプとグループ化したシェイプの中間の状態というか良いところを取っています。カラーが変えたかったら変えられますし変形もできるということで、使いたい用途に応じてグループ化したり、あるいは矩形 楕円をオブジェクトのようにして重ね順を変えたり、くっつかないようにした状態でしかも外から変形、カラーの変更がしたいという場合には、オブジェクト描画モードを選ぶと良いでしょう。 このレッスンではシェイプの描画モードの2つ「結合描画モード」デフォルトです、それとオブジェクト描画モードの違いについてご説明をしました。

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。