Flash Professional CC 2015 基本講座

矩形プリミティブツールと楕円プリミティブツール

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
矩形プリミティブツールと楕円プリミティブツールが、矩形ツールや楕円ツールとどう違うのかをご説明します。
講師:
04:27

字幕

このレッスンでは、ツールパネルの「矩形プリミティブツール」とその下の「楕円プリミティブツール」についてご説明をします。まずは「矩形プリミティブツール」の方です。「矩形ツール」をマウスボタンで押したままつまりプレスすると選択が変えられます。「矩形ツール」から「矩形プリミティブツール」に変更します。書き方は基本的に矩形ツールと変わりません。塗りは青、線が黒で、1の実線ということで、対角線にドラッグして矩形が描けます。違いはですね、まず見た目。今「矩形プリミティブ」が選ばれてる状態なんですが、角に小さい四角がありますね。選ばれていない状態、 「選択ツール」で一回外をクリックして外しますと、プリミティブか矩形ツールで描いたものか区別できませんが選択をすると、端っこに黒い四角が付きます。さてこの状態でプロパティ「矩形プリミティブ」になっていますね。「矩形オプション」で角丸です。10 と入力して Enter キーを押しますと角丸が10 ピクセルの矩形が描けます。もっとも矩形ツールでも角丸の四角は描けます。また「矩形プリミティブツール」をプレスして「矩形ツール」に戻します。そして「矩形オプション」がやはり出ていますから、10 と入力して Enterそして隣に同じように角丸の矩形を描きます。 同じように描けました。違いはここからです。「選択ツール」でこの角丸の矩形を...こちらはプリミティブじゃない方です、デフォルトの方ですね。ダブルクリックします。もう角が変えられません。ところが矩形プリミティブの場合にはダブルクリックをする必要はありません。選択はクリックで結構です。「矩形オプション」がまだ出ているんですね。もっと角丸を大きくしたいということでじゃあ 20 だというふうにするとさらに角が丸くなります。このように後からこのプロパティの設定が変更できるというのがプリミティブツールの良いところです。楕円プリミティブも同様で、プレスして「楕円プリミティブツール」に変更します。そしてドラッグして楕円を描きます。楕円の方は外にアウトラインが付くので、オブジェクト描画モード、あるいはグループ化したような感じに見えます。ですから元々の楕円ツールとはちょっと違うなというのが一目見てわかるんですが、ここでもやはり「楕円オプション」で選択が変えられます。これは選択を外した後でもやはり出てくるオプションで、「開始角度」のスライダーをドラッグしてみましょう。こんな風にパックマンのように口が開くんですね。 「終了角度」今度は上の方が開きます。開きすぎですかね。こういった形で口の開いた楕円が描けます。このオプションそのものが実はやはり「楕円ツール」にもあるんですけれども、楕円ツールの場合もやはり最初に設定をしてその設定で書いたら、後から変えることができません。けれどもプリミティブの方は 後からでも如何様にでも変えられます。他にあと内側の半径とありますけれどもドラッグすると真ん中が開くんですね。「パスを閉じる」とあります。これは閉じていると口が開いていてもちゃんと塗りつぶしがされるんですが、「パスを閉じる」を外します。そうすると開いた状態の所は塗りが設定されません。設定するには「開始角度」と「終了角度」をちゃんとくっつくように設定すれば、パスが切れていませんので中が塗りつぶしされるということです。このようにプリミティブツールで描いたシェイプというのは、プロパティで後から変更ができるという違いがあります。このレッスンでは、プリミティブツール具体的には「矩形プリミティブツール」と「楕円プリミティブツール」が、通常の「矩形ツール」「楕円ツール」とどのように違うのかをご説明しました。

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。