Flash Professional CC 2015 基本講座

フレームやキーフレームを定める

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
タイムラインを構成するフレームとキーフレームの意味と操作についてご説明します。
講師:
07:48

字幕

このレッスンではフレームとキーフレームの意味とその操作の方法についてご説明をします今 Flash Professional で開いているFla ファイル Flash コンテンツなんですが動物が3匹配置されていますそれぞれレイヤーを分けていてこの目のアイコンをクリックすると全部いったん消えるんですけれどもまず一番下から ×をクリックして表示すると象 真ん中はキリン そして一番上は猿という風に配置されていますそして レイヤーはデフォルトで1フレームだけ持っていますでも1フレームだけではアニメーションにはなりませんアニメーションはパラパラ漫画と一緒ですのでページが複数あって そこにそれぞれちょっとずつ違った絵を置くことによって動いているように見せるということですここではアニメーションとまでは言えませんけれども簡単な構成を作ってみたいと思いますではまずページを作りますFlash の呼び方でいうとフレームですこの象のレイヤーに48フレーム作りたいと思いますその48という中途半端な数字はどこから来たかと言いますとタイムラインの下の真ん中あたりに24と数字がありますこれがフレームレートと言いますまた現在プロパティはドキュメントのプロパティを表示していますのでここにもフレームレート24とありますこれは1秒間に24コマ24フレーム再生されるということですので48フレームというと2秒分の尺と言いますけれども時間になりますここにフレームを作りますそのためにはフレームを選んで右クリックをしてフレームを挿入を選びますそうするとタイムラインの下に48と出ましたね今現在この赤いマークこれ再生ヘッドと言うんですが再生ヘッドのある位置のフレーム番号を示しています1をクリックすると三匹の動物がいるんですが2以降ですね 2ページ正確な言い方ですと 2フレーム以降は象しかいませんということでこのままこのコンテンツを再生して確認するとムービープレビューでFlash Professionalを使用で確認してみましょう象がずっと出ていますけれどもキリンと猿が一瞬です24分の1秒だけ出てくるということですねこれをキリンと猿の分についてもフレームを作りたいと思いますレイヤーが連続している場合には二つのレイヤーあるいは複数のレイヤーいっぺんにフレームを作ることができますこの場合には猿とキリンの48フレームをドラッグして選択しますその上で先ほどと同じメニューですね 右クリックをして フレームを挿入しますこれでずっと3匹がいるわけですが一応確認しますけれどもムービープレビューですね1フレームしか無いのと変わらないですね全部のページに同じ絵が書いてあるのと同じですからこれではアニメーションになりませんそしたらキリンの登場を遅らせましょうキリンは12フレームが終わって13フレームから登場させたいと思いますでは13フレームの手前の12フレームを選んでここでキリンを選んでキーボードから削除します Delete キーですそうすると全部消えちゃうんですねフレームというのは連続している限り一箇所で編集をするとそれが全てに及んでしまいますこれは取り消しましょう編集メニューで 元に戻しますもう一回戻したほうがいいですかね戻りました連続していると全部に編集が及んでしまいますということなので13フレーム目から登場させたいのであれば13フレームを切り分けないといけませんそれがキーフレームになりますここから新しいフレームですよという意味になりますでは13フレーム目を選んで 右クリックで今度は キーフレームに変換を選択しますそうすると黒丸がつきました全てのレイヤーの第1フレームは黒丸になってますねということで ここから新しいフレームの始まりという意味になりますそしてその左側には白い四角が付いていますこの48フレーム目にもみんな白い四角が付いていますねつまりこれはここで連続したフレームが終わりますよということになりますそうしたら13フレーム目キリンのレイヤーを選んでキリンを選択し1から12まで いっぺんに選択したことになってしまっていますけどいいですね ここで削除をすると1から12まですべてキーボードから Delete を押します消えてしまいますでも13フレーム目からは新たなフレームになっていますのでキリンがまた登場します確認しましょう 制御メニューからムービープレビューですこのムービープレビューは再生はデフォルトではループしますのでキリンが消えては出てき消えては出てきということになりますこれは48まで行くとまた1に戻るからです正しい再生の仕方ですでは今度猿はもうちょっと遅れてさらに25フレーム目から登場させたいと思いますということはここを選んでキーフレームに変換ですねそして1から24までどこを選んでも構いませんので 猿を選んでキーボードから Delete キーを押しますこうすると 登場が 順々に連続して出てくるということですね象はずっと出ていますが 象の後キリン・猿 キリン・猿 という風に出てきますフレームを削除することもできますその場合には例えば1から12までキリンのレイヤーのフレームを削除しましょう1から12まで選んだらやはり右クリックでフレームを削除ですこれでフレームが削除されますそうすると 左側に詰まるんですねということなのでキリンは最初から登場していますけれども36まで登場していてそのあと消えるということになります左側に詰まっちゃうんですねですから猿が出てきてしばらくするとキリンが消えるということになりますさらに じゃあ 猿 37フレーム目ここにキーフレームを入れましょうキーフレームに変換しますそうすると新たなフレームです先ほどはキリンを削除しましたけれども猿を動かすこともできますそうすると ここから新たなフレームですのでこの動かしたということは37フレーム目以降には有効なんですがその前には元々のままの状態にいますということで再生をするとムービープレビューで確認をするとキリンが出てきて キリンが消えるとそこに猿が入れ替わるという感じになりますさて今 猿のレイヤーにキーフレームを入れましたこのキーフレームを削除することもできますキーフレームを削除するにはキーフレームのこの黒い丸削除したいキーフレームを選んでそしてキーフレームを削除ですそうすると25フレーム目からの状態がまだそのまま続くことになりますこのレッスンではタイムラインを構成するフレームとキーフレームその挿入と削除についてご説明をしました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。