Flash Professional CC 2015 基本講座

ステージのズームと移動

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作業を効率的に進めるためのステージの拡大・縮小および表示位置の変更の仕方についてご紹介します。
講師:
05:43

字幕

このレッスンではデザインの作業を効率的に進めるために大切なステージの表示サイズや表示位置を変える方法についてご紹介します今 Flash Professional で三匹の動物のいるファイルを開いています表示のサイズを変える方法について まずツールパネルのツールから ご紹介しましょう虫眼鏡です これをクリックすると虫眼鏡にアイコンが変わりまして例えば猿をよく見たいなと思ったらクリックしますそうすると 現在の倍率右上の方に表示されてるんですが現在100パーセントなんですけれどもクリックすると2倍になりますそのクリックしたところを中心に倍になるわけですねさらにクリックすれば400%という風になります逆に縮小したい場合にはキーボードからWindows は alt キー「alt」 というキーですねそれから Mac は Option キーを押しながら押した時点で虫眼鏡のアイコンの真ん中の+がマイナスに変わりますこの状態でクリックすると今度は逆に半分 半分と いう風に変わります現在100%ですがこれでさらにマイナスの虫眼鏡でクリックすると50% 25%と変わっていきますでは100%に戻しましょうこのリストの中から100%を選んで100%に変えることもできますただ虫眼鏡でクリックして倍々というのはちょっと幅がありすぎますねもう少し微妙なサイズで設定したいという場合にはこちらの方がよく使うと思うんですけれども猿を全身見たいなと思ったら虫眼鏡のプラスのツールでドラッグします猿をすっぽり囲むようにそうするとこの範囲がちょうどウインドウの中に収まるように倍率が決まりますですから倍率は今254と半端な数字になっていますねでも半端な数字でも選んだところがしっかり見えていますではこの倍率は変えずにキリンの頭が見たいという時には今度はツールで手のひらになっていますけれどもハンドツールを選択しますそうすると まさに手で紙を動かすようにずらして ステージの表示位置を変えることができますこれはオブジェクトは動いていませんステージが動いているわけですねキリンの頭が見えましたあるいは象の頭が見たいという時にはこういう風にドラッグをしてその位置に表示することができますそれではこちらのリストの方の紹介もしておきましょうこちらはまず25%から800%までありますあるいはここに直接数字を突っ込めば2000という数字も可能ですそして標準は100%だと思うんですがここで上の三つがちょっとわかりにくいかと思いますウインドウに合わせる ステージ全体を表示 全て表示 ですねちょっとこの違いを示すために猿にどいておいてもらいましょうステージ外に ワークスペースに置きますワークスペースに置いたものはコンテンツとしては表示されなくなりますですからちょっと置いておいて後で使いたいなという場合に使えるんですけれどもこの状態で全て表示という風にすると今ステージ上にあるオブジェクトそれからワークスペースにあるステージ外のオブジェクトも含めて全てが表示されるように倍率と位置が調整されますですから象もキリンも猿も猿はステージ外ですけれども全て表示されています倍率は109と調整されていますちょうど全部が見られるようなサイズになるわけですでは ステージ全体表示この場合には ステージがあくまで基準ですステージ外の猿は気にしませんステージがちゃんと見えるようにサイズが決定されますですから 例えばタイムラインをちょっと縮めて 全体を広げますその上で改めてステージ全体を表示という風にするともう猿はほとんど消えてますねそして倍率は100%ではなく中途半端な値になっていますがちょうどステージ全体が収まるような数字になっているということですあと一番上ですね ウインドウに合わせるこうしますと 今116%ですね今度またタイムラインを上に引き上げますドラッグして引き上げるとそれに合わせて倍率がどんどん変わるんですね常にステージ全体が表示されているという状態になります便利な反面うっかりタイムラインを広げてしまうと倍率が変わってしまって見た目が変わりますので気がつかないとあれっということがありますのでご注意くださいあとツールの ちょっと便利な使い方をご紹介しておきますまず 虫眼鏡の方なんですけれども虫眼鏡で拡大しましたそして 虫眼鏡をダブルクリックすると常に100%に戻りますそれからハンドツールなんですがハンドツールで動かしましたとそしてハンドツールをダブルクリックすると常にステージが真ん中になるように表示されますしかも倍率も116%となっていましてちょうどこの中に収まるように調整されるということですこのレッスンでは作業を進めるためにステージを拡大したり縮小したりあるいは表示位置を変えるというハンドツール ズームツールそれから この上の方の表示倍率の このリストのメニューについてご紹介をしました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。