Flash Professional CC 2015 基本講座

カラー効果を与える

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シンボルに加えることができるカラー効果についてご説明します。
講師:
04:35

字幕

このレッスンではシンボルに与えることができるカラー効果について ご説明します。いまステージにはムービークリップシンボルが置かれています。そして、ムービークリップシンボルが選ばれているんですけれどもそうするとプロパティのパネルにカラー効果というのが表示されています。これは畳むことが出来ますのでもし表示されていなかったらクリックして表示します。カラー効果はシンボルに対して設定ができます。シェイプには出来ません。例えば、矩形をここで描きますけれどもそれを選択ツールで選んでもカラー効果というのは出てきません。シェイプにはカラー効果が設定できないからです。では、これはキーボードからDelete キーで消してしまいます。改めてムービークリップシンボルを選択しカラー効果を設定してみましょう。まず、スタイルですけれどもデフォルトではなしになっていますがここで明度を選択すると明るさを調整することができます。左にスライドすると黒がのり右にスライドすると白がのると明るさと考えても結構ですが結局はアルファ付きの白あるいは黒を重ねているという風に見ていただければ結構でしょう。一旦なしにしましょう。では今度は着色です。 これも考え方は一緒なんですけれどもまず濃淡をちょっと下げておきます。そして赤を上げておいて緑と青を下げます。そうするとシンボルに赤がのるということになります。これも濃淡を 100% にしてしまうと完全に潰れてしまいますのでアルファをつけるということと同じなんですが赤を少し薄くしてのせてあげるとという風にすると 赤くしたりとか青くしたりということが出来るわけですね。では、一旦またなしにして詳細を飛ばしてアルファにします。これは文字通りアルファです。デフォルトではアルファ 100% というのは完全に表示された状態になります。下げれば不透明度が下がる。つまりアルファがついてくるということになります。では、またいったんなしにして詳細を選択しましょう。詳細というのは文字通り細かく RGBそれから、アルファについてそれぞれ値を設定することができます。まず ✕ と +2つの項目があるんですけれども全部 100% になっていますが例えば赤を ✕ 0 とします。そうすると赤のチャンネルの値が0 になりますのでそうするとシアンになるわけですね。もっとも黒いところ黒いところというのはカラー値がもともとゼロですから何を掛け算してもゼロですね。 ですから変わるのは黒よりももっと色味の付いた部分ここでは白ですね。白の部分が端的に緑と青であればシアンになりますし緑も 0% にすると青になるということになります。では、またいったんなしにして改めてまた詳細を選択します。今度は + の方です+ の方で例えば赤に これは値は255 が最大の値となるんですけれども255 と入力してしまいましょう。そうすると赤のチャンネルに255 が加算されます。先ほどの着色と違うのは着色の場合には白い部分にも色がのりましたね。今で言えば赤がのったわけなんですがこの詳細の場合には白い部分というのは元々カラー値が 255 です。そこにいくら値を加算しても白よりは上がらないということになります。つまり黒に近い 暗い部分がこの加算によって値が変わってくるわけで真っ黒だったところが赤くなるということなんですね。ということで、このレッスンではシンボルに設定ができるカラー効果についてご説明をしました。

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。