Flash Professional CC 2015 基本講座

シンボルの入れ子

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シンボルは入れ子にすることができます。入れ子のシンボルはどういうときに使い、どうつくるのかをご説明します。
講師:
05:28

字幕

シンボルは入れ子にすることができます。つまりシンボルの中で別のシンボルを使うことが出来るわけです。その入れ子のシンボルはどういう時に使ってどういうふうに作るのかということをこのレッスンではご紹介します。まず今ステージの上になんかよくわからない形が乗ってるかもしれませんがこれは一応自動車のつもりです。car とただ tire が無いじゃないかとtire は別のシンボルとして作ってあります。まだ tire が無いんですけれどもとりあえず tire のない状態で作ってtire をシンボルの入れ子この car の中に入れ子にしてモーショントゥイーンのアニメーションを作ってみたいと思います。ではまずこのボディーだけのモーショントゥイーンを作成しましょう。ボディーは既に car という名前でシンボルになっていますからシンボルに変換する必要はありません。直ちにタイムラインのフレームで右クリックをしてモーショントゥイーンを作成することが出来ます。ただ長さは 24 フレームだとちょっと短いので 2 秒分48 フレームにしたいと思います。さてここでボディーだけですけれども右の方にドラッグをして移動のアニメーションにします。 確認しましょう。制御メニューからムービープレビューでFlash Professional を使用です。左から右に単純に動きますね。ではこれを閉じます。tire を置きたいんですが例えばレイヤーをもう一個追加してtire を置くとtire も同じように動かさなければいけません。自動車のこの動きが変わったらtire をまたそれに合わせて動きを変えるとかなり面倒ですね。でも最初に申し上げたとおりシンボルの中にシンボルを入れ子にすることが出来るわけです。ですからこの car の中にtire を入れてしまえばcar のシンボルごと動きます。つまり car がいわばtire の入れ物になるわけですね。では car のシンボルの中を編集したいと思いますのでステージ上で car のシンボルをダブルクリックします。シーン 1 の右に car と出ましたのでcar のシンボルが編集中であることを示しています。そして tire はまだタイムラインに置いていないんですけれどもここでまずライブラリからドラッグして前輪を置きます。それから後輪もシンボルというのは使い回しが効きますから何個でもいっぺんに置くことができます。 位置がだいたい揃ったようですね。さてこうしてしまえばcar の中に tireが入りましたからcar と一緒に tire は動きます。確認しましょう。今度はプレビューで大丈夫です。ちゃんと車と一緒にtire が動いていますけれどもtire って普通動いたら回らないとおかしいですね。回るようにモーショントゥイーンを作成しましょう。どうするかというとcar の中に tire を入れましたのでcar をダブルクリックしてcar の編集状態シンボルの編集状態にします。そして今度は tire の中に回転する tire のモーショントゥイーンを作ります。ですから tire を改めてダブルクリックします。そうするとシーン1の上でcar の編集状態にしたんですがさらに car の中にあるtire の編集状態になっています。ではモーショントゥイーンを作ろうと思うんですがここではシェイプになっています。シンボルになっていませんからモーショントゥイーンにするためにはこれをシンボルにしなければいけません。では右クリックにしてシンボルに変換しましょう。名前は tire と区別するためにtire_inside にしましょう。 種類はムービークリップで構いません。基準点これは回転する時の中心になりますので中心に置いておきますそして OK です.モーショントゥイーンを作成しましょう.フレームを右クリックして「モーショントゥイーンを作成」タイヤは少し速めに回っていいのでフレーム数は 24 で構わないでしょう。では最後のフレームで回す。ちょっと困りますね。これは実はモーショントゥイーンの設定の中で回転があります。第 1 フレームを選んでプロパティを見ると回転とか方向とか書いてあります。まず方向を先に選びます。車が左から右に前進するとtire は時計回りに回りますね。そして回転の回数は 1 回24 フレームで一回転するということです。見てみましょう。このメモリのところをスクラブドラッグすると確かに回転してますね。ではシーン 1 に戻って確認しましょう。「制御}>「プレビュー」です。車は左から右に移動すると共にtire は 2 回転しています。前輪と後輪同じように当然動きます。このレッスンではシンボルの入れ子についてそれをどういう時に使うのかどういうふうに作るのかということをご説明しました。

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。