Flash Professional CC 2015 基本講座

モーショントゥイーンのさまざまな設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
モーショントゥイーンには、位置だけでなくさまざまな設定やプロパティをアニメーションさせることができます。
講師:
05:21

字幕

このレッスンではモーショントゥイーンに含めることが出来る様々な設定やプロパティをご紹介しますいま Flash Professional で開いているFla ファイルなんですけれどもシンボルが一つ置いてありますこれはムービークリップシンボルでシンボルの名前はpen_walk というものですライブラリを見てみるとpen_walk というシンボルがあり名前の通り歩くアニメーションが入っていますではこのシンボルに対してモーショントゥイーンを設定しましょうはじめの位置は右下に持って行きますそして既にシンボルになっている訳ですからモーショントゥイーンにするための必須条件の一つシンボルを作るという必要はもうありませんフレームを右クリックしてモーショントゥイーンをすぐに作成できます長さはそうですね2秒分48フレームにしてみますフレームレートは24FPS1秒間に24フレーム動きますので48フレーム作ると2秒間ということになりますね48フレーム目なんですけれども位置を移動しますそしてモーションパスが表示されますまっすぐでは面白く無いので少しカーブの付いた動きにしてみます早速確認しましょう制御メニューからプレビューで確認しますペンギンが歩きながら山を登るように上に行って降りてくるということですねこのモーショントゥイーンでは位置をトゥイーンで動かしていますけれどもモーショントゥイーンには位置以外にも様々なプロパティを設定することができますではこれはいったん閉じてまずモーショントゥイーンのプロパティですモーショントゥイーンのプロパティということはフレームを選ばなければいけませんそうするとプロパティのパネルにモーショントゥイーンと出てきますここでパスに沿って回転というチェックボックスがあるんですがこれをチェックしてみましょうまずタイムラインで簡単に確認しますがキーフレームがいっぱい付きましたねこんな感じの動きになりますなんかロケットが飛んでくような感じですけれどもではプレビューで確かめてみましょう制御メニューからプレビューです何かロケットが走っていくような感じになりますけどもこれがパスに沿ってパスのカーブに沿ってペンギンの姿勢方向が変わってくるというトゥイーンになりますではこれを閉じて今のチェックボックスは元に戻しましょうパスに沿って回転はなしにします代わりに今度は回転とありますけれども方向で反時計回りに回転するとそして今1回と入りましたので1回でやってみますそうするとプレビューを見ますとなんかウルトラCのようになりますけれども一回転回転しながら飛んで行くということですねさらに設定を加えて行きましょう今度はこのシンボルの設定になりますですからシンボルを選んで縮小してみましょう整列のパネルの隣にありますので変形を選んでそして縦横共通に縮小しましょうチェーンがきれた状態になってくっついた状態ですね50%としますそうするとアニメーションが進むにつれてペンギンが小さくなっていくということになりますプレビューですだんだん小さくなるさらにシンボルに対するプロパティを加えていきますアルファですねやはりシンボルを選んでカラー効果そしてスタイルからアルファを選択しますアルファをゼロにしてしまいましょうペンギンがだんだん透明になるということですではまたプレビューですね回転しながら小さくなりながらアルファも下がっていって透明になるもう一つだけ設定を加えましょう今度はイージングですイージングは今度はモーショントゥイーンの設定ですからまた改めてフレームを選択しますそしてプロパティでイージングとありますけれどもこれをマイナス100イーズインと言いますけれどもモーションパスのこの点の間隔でわかりますね最初は動きが小さいですつまりだんだんだんだん加速しているという動きになります確認してみましょう制御メニューからプレビューです最初はゆっくりですねだんだん加速していって遠ざかりながら回りながらアルファも下がって小さくなるというさまざまなプロパティを色々設定しているということですこのレッスンではモーショントゥイーンに含めることのできる様々な設定やプロパティについて実際に設定をしながら お見せしました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。