Flash Professional CC 2015 基本講座

Illustratorファイルの読み込み

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
IllustratorのAIファイルをレイヤーの情報まで含めて、FLAファイルの素材として読み込むことができます。
講師:
05:24

字幕

このレッスンではFlash Professional の素材としてIllustrator のファイルを読み込んでみます今 これが flaファイルですけれども同階層のフォルダーにaI_files というフォルダーがありましてこれが そのIllustratorのファイルですダブルクリックするとIllustrator で このファイルが開かれます確認してみましょう象のイラストですねそして レイヤーが用意されています3つありまして 今一番下のレイヤーですね2番目は こんな感じです鼻が伸びてます3番目は 鼻が縮んでいるとこのような 3つのレイヤーが重なっているアニメーションで使うことを想定したファイルなんですけれどもこんな Illustrator の素材がありますFlash Professional で開いたファイルの方はステージは真っ白ですしレイヤーには1フレームあるのみで何も置かれていませんまたライブラリも空っぽですつまり まっさらなファイルということですここに 先程の Illustrator のファイルを読み込んでみましょう読み込みは ファイルから読み込みですそしてIllustrator のファイルを使う場合にはステージに読み込みというのも出来るんですがステージに全部配置されてしまうと後々使いづらいのでライブラリに読み込むことをお勧めしますでは ライブラリに読み込みを選択しますそして 先ほどの象のファイルですねこれを開きますすると ライブラリに読み込むというダイアログボックスが開きます選択肢が いくつかあるんですがアートボードは これは1個しかありませんそれから ビットマップにしてしまいますかということなんですが今回は レイヤーもちゃんと活かしたいのでしかも パスが編集できるような形つまり ベクター画像として読み込みますテキストがあれば テキストも編集可能な形で読み込みますけれども今回の素材には テキストはありませんのでここの変換の設定は 特に効果がありませんあとは ライブラリに読み込むとシンボルになるんですけれどもそのシンボルにIllustrator のレイヤーをどう扱いましょうかということで1枚のレイヤーにしてしまうのかフレームに分けるのかとやはり レイヤーに分けるのが便利だと思いますのでFlash のレイヤーが選択された状態ですそして OK をクリックしますそうすると先程まで空っぽだったライブラリにIllustrator のファイル名と同じ名前でシンボルが出来上がりましたそして 3つの象ですね重なった状態です中を確認してみましょうステージに シンボルが置かれていませんこういう時 ライブラリの中のシンボルを確認する時にはライブラリの中で その項目のアイコンをダブルクリックしますでは すべて表示にして改めて 100%にすると真ん中にきますので象が真ん中にきました3つの象が重なってますねけれども先程の Illustrator と同じようにレイヤーが3つに分かれていてそれぞれのレイヤーに付いている名前も同じですということは 目のアイコンでいったん 全部非表示にして一番下は まあ普通の状態の象ですね次は 鼻が伸びた象そして 鼻が縮んだ象ということになっていますいったん シーンに戻ってメインタイムラインに配置しましょうライブラリからドロップしますそして 位置揃えしましょうステージを基準に 真ん中 真ん中と3つ象が重なっていますねこの中の一番下の象を使いたいという時は2つのレイヤー削除してしまうことも出来るんですが残しておいても大丈夫です改めてライブラリのアイコンをダブルクリックして編集状態に入りますすべて表示にして 100%目のアイコンがクリックされてますねこれを もう1回クリックすると全部表示されますのでこの2つの 上のレイヤーですね要らないですけれども 選んで2つ選んでゴミ箱で削除してしまうことが出来ますただそうすると 後で使いたいと特に この象はアニメーションで使うことを想定したイラストですから残しておきたいでも見せたくないという場合にはレイヤーを選んでガイドにすることが出来ますガイドレイヤーにするとシンボルの中では表示されるんですけれどもswf に書き出す時にはこのガイドレイヤーの素材は書き出しされませんまた シーン1に戻るとシーン1の方も先程 3匹の象が重なっていたんですけれども一番下の象だけが表示されますこのようにして使いたいレイヤーだけを表示してあるいは 書き出してでも 無くなったわけではありませんからあとで必要になったらまた シンボルを開いてこのガイドにしたレイヤーもう一度 右クリックしてガイドのチェックを外せばまた 使うことが出来ますこうすると 2番目の象もシーン1に戻ると重なって出てますねこのレッスンではIllustrator のファイルをFlash Professional の素材として使うために読み込む方法と読み込んだ後の設定の仕方についてご説明をしました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。