Flash Professional CC 2015 基本講座

ビットマップの設定と加工

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ライブラリに読み込んだビットマップは、プロパティで設定を変えたり、加工することができます。
講師:
06:17

字幕

このレッスンでは ライブラリに読み込んだビットマップの設定と加工についてご説明します今開いている flaファイルですけれどもビットマップが1つタイムラインに置いてありますJPEG の画像なんですけれどもこの設定をちょっと変えてみたいと思いますでは このライブラリにあるアイテム 項目を選んでダブルクリックしますすると ビットマッププロパティのダイアログが開きますここでは読み込んだ JPEG のデータを使用するというのがデフォルトになっていますけれども 元々の画像に手を加えることなくその質を変更することが出来ますカスタムを選択して 分かりやすいように数字が小さいほど 劣化しますけれども10と入力しましょうそして 現在 圧縮後の容量は112.8kb という風になっていますカスタムで10にして OK を押しますと画像が劣化しますおおもとの画像に変化を加えたわけではなくてプロパティの設定で変えていますもう一度 ライブラリでダブルクリックすると画像が劣化した代わりに圧縮後 5.1kb と 随分と減りました念のためプレビューでも確認してみましょう制御メニューから プレビューです荒れてますね 特に拡大してみると荒れが目立つと思いますブロックノイズといいますかピクセルのこの境目がくっきりしているところもちょっと見苦しいところがあります画像の劣化は やむを得ないとしてこのピクセルノイズのようなピクセルの荒れですねここをなんとかできないでしょうかもう1つ設定があるので ご紹介しましょう閉じますまた ライブラリでJPEG をダブルクリックです非ブロック化を有効にするこのブロックノイズのような四角い荒れですねここを 少し滑らかにするということですちょっと滑らかになりましたねあのピクセルの荒れが見えなくなりましたそして 先ほど 5.1kb だったんですがもう一度 OK を押して改めて ダブルクリックしますと特に 容量は変わっていませんつまり 滑らかにしたことによってまた サイズが増えるということは起こっていないわけですねでは OK を押して念のため プレビューの方でも確認してみることにしましょう画像が荒れていることは確かですが先ほどのようなブロックの荒れというのは目立たなくなりましたでは 閉じまして元に戻します復帰しましょうファイルメニューから復帰です今度は ビットマップの画像の加工の方に入ります1つの方法としてメニューの修正から分解という方法がありますこれは 画像をシェイプに変更します実際クリックした時に 網掛けがかかる例のシェイプの状態ですねそして シェイプなので 変形ができます例えば 角を ちょっとマウスポインタの右下にかぎ括弧が出ましたから角を変更することができますしでは こっちも変更しましょうかそれからこの辺を丸めたいといったこともできますただ シェイプに変換したと言いましたけれども厳密にいいますと画像そのものがシェイプになったわけではなくシェイプに画像を映しているという感覚ですどういうことかというとこの角 元に戻しますと前の画像が ちゃんと出てくるんですねですから シェイプの上に画像を映しているということで画像 そのものが無くなってしまったわけではないですまた この角を引っ張ってずっと 外まで出すとこの外には 画像が無いはずなんですが出てきますねこれは タイル状に並べた状態で画像が表示されるということですですから この部分というのは今 ちょっと消えてますけど扇風機のこの右側の部分になっているわけですこうした 画像そのものを残したまま形を変えてみるとか トリミングするとかそういう表現に使うのも良いでしょうでは また取り消しをしたいと思いますファイルメニューで復帰です今度は 画像そのものを加工してしまいますどういうことかといいますと画像を選んで修正メニューからビットマップで ビットマップをトレースですこうすると やはりシェイプに変換するんですが今度は 画像そのものをシェイプにしてしまいますシェイプということはあまり細かい表現が出来ませんそこで このような設定値があってどれぐらい細かくするのか細かくすればするほど容量は増えてしまいますね荒らくすればなんだかよくわからない画像になってしまうんですけれどもとりあえずデフォルトで OK を押しますシェイプになりましたでも 先程と違うのはポスタリゼーションという言い方をしますけれども画像の階調を減らしてちょっと不思議な雰囲気を出すというそんな結果になっているんですけれどもこれは 実際にシェイプになっていますクリックするとこの部分が網掛けで選択されてドラッグすると 穴が開きますということで画像がシェイプになってるということが確認できるかと思います取り消しましょう 元に戻します編集メニューから元に戻すただ もちろんライブラリの画像そのものをいじったわけではなくてライブラリの画像は残っていますからこれは これでまた 別に使うことが出来るということですでは いったん元に戻しますこのレッスンではライブラリに読み込んだビットマップの設定とそれから その加工についてご説明をしました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。