Flash Professional CC 2015 基本講座

静止テキスト/ダイナミックテキスト/テキスト入力

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
静止テキストとダイナミックテキストおよびテキスト入力の違いをご説明します。
講師:
04:53

字幕

このレッスンではツールパネルのテキストツールで選べるテキストの3つの種類静止テキストと ダイナミックテキストテキスト入力の違いについて ご説明しますまずは 静止テキストを選んでおきます特に問題がない場合には静止テキストを第1の候補とすることをお勧めしますフォントファミリーは Impactそれから サイズは100ptカラーはブルーでこの状態で入力をしましょうFlash Pro と入力をしました選択ツールで位置揃えしておきましょう静止テキストの良いところというのは静止テキストは swf に書き出される時フォントのアウトラインが取られますそして そのアウトラインが情報としてswf の中に入りますということは 見ているユーザーの環境に今選んだ Impact がない場合であってもこの いまオーサリングといいますけれどもFlashコンテンツを作ってる最中に設定したこのままのイメージがユーザーの環境で見られるということです逆に言いますと 他の2つの選択をした場合テキストの設定が テキスト入力の状態でプレビューを確認してみます制御メニューからプレビューそうすると テキスト入力と名前のとおりユーザーが入力・編集することができます今 Aを消しましたまた Aを入力します今度 F を消しましたF を入力します私 これ 小文字を入れているんですけれども大文字になってしまいますなぜかというとユーザーが何を入力するのかわかりませんねということなのでテキストのアウトラインを持っていない文字が入力できないんですですから 小文字で F を入れようとしても大文字の F しか持ってないので大文字に置き換えられてしまいますPro も同様です今 私は全部小文字で pro と入れ直しますでも P は大文字でro は小文字になってしまうということでユーザーが入力するとなると何を入力するかわかりませんですから その入力するものを全てアウトラインとして持つというスペックにはデフォルトではなっていませんですからもしユーザーの入力を許す場合にはテキスト入力にするんですけれどもその場合 フォントはデバイスフォントというのを選ぶ必要がありますでは いったん閉じましてテキスト入力になっていますがフォントファミリー Impact ではなくてこのリストの中から 一番上の方にあります先頭に アンダースコアのついたフォントというのはデバイスフォントですユーザーの環境に合わせてゴシックか明朝かぐらいの大雑把な分け方でユーザー環境のフォントで見せますということで 必ず見えるんですけれどもその代わりちょっと寂しいことになりますねこの場合は 今 Flash Pro の入力の場合にはゴシックか明朝かゴシックにしようと思うんですがゴシックを選ぶと こんな寂しい感じですけれども これはデバイスフォントですのでフォントがなくてもユーザー環境に合わせて入力してしまうことが出来ますもう一度 制御メニューから見てみましょうプレビューですF を消して小文字の f にするとP を消して 小文字の p にするとあるいは ここで全く使われていない2015 というのも入力できるわけですその代わり 表示が寂しくなってしまうということになりますダイナミックテキストというのもテキスト入力と同じでswf の状態で中に入力するテキストが変更される場合ですただし ユーザー入力で変更することはできません制御メニューのプレビューで見てみますけれども選ぶことはできますけどキーボードから 私がDeleteキー押しますけれども 消えませんどういう風に変更されるかというとアクションスクリプトでこの入力を変更することが出来ますテキストを書き換えることが出来るんですねそうすると やはりこの場合もどんな文字が使われるか分かりませんのでデバイスフォントにしておかないと結局 最悪の場合変更したテキストが表示されないということが起こってしまいますそうしないためには今選ばれているから大丈夫なんですがデバイスフォントを選ぶようにしますこのレッスンではテキストツールで選択できるテキストの種類静止テキスト ダイナミックテキストテキスト入力の違いについて ご説明しました

Flash Professional CC 2015 基本講座

Flash ProfessionalはPCだけでなく、モバイル向けにもインタラクティブなアニメーションが作れるソフトウェアです。動画はFlash PlayerだけでなくAIRやHTML5にも書き出せます。このコースではその基本的な操作方法からグラフィックの描画やアニメーション、画像やサウンドの扱い方、そしてActionScriptなどについて説明します。

7時間21分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。